« 大切な人を亡くした友達のためにできること2 | トップページ | 最後に観た映画 »

Serenity Prayer

Sakura


God grant me the serenity
To accept the things I cannot change;
Courage to change the things I can;
And wisdom to know the difference.
           
            Reinhold Niebuhr
 
 

神よ、 変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。
 
                  大木英夫訳   
 

神学者ラインホルド・ニーバーの祈りです。
詳しくは、
こちら(英語では、こちら
 
初めて知ったときから、心に残っている言葉で、
最近特に、心のなかで繰り返しています。
 
そういえば、母がよく聴いていたラジオ番組、
「テレフォン人生相談」(!)での、加藤諦三さんの言葉と似ています。
 
「変えられることは変える努力をしましょう。
変えられないことはそのまま受け入れましょう。
起きてしまったことを嘆いているよりも、
これからできることを皆で一緒に考えましょう」
 
「本当にそうだよね」と、母とうなずいていました。今も、そう思います。

それでも、死別だけは、ほんとうに受け入れるのが難しい。
変えられないことだと、わかってはいても。

最近元気になってきて、普通に笑うこともあります。
でも、その直後に、「母には、会いたくても、会えないんだ」と、
絶望に襲われて、
胸がぎゅーっと、痛くなります。

悲しみを癒すには時間がかかるということ、
時間が解決しないこともあること、
痛みをともなうということも、「変えられないこと」。
それを受け入れ、静かに時を過ごすことが、
今の私には必要なのかもしれません。
                         
                                       

|

« 大切な人を亡くした友達のためにできること2 | トップページ | 最後に観た映画 »

コメント

Karenさん
こんばんは 四つ葉です。
いつも拝見しておりますが、
なかなかコメントをすることができずに
おりました。「普通に笑えるときがある」
このフレーズにドキッとすると共に
少しずつ元気になられているご様子にホッとしましたconfident

この祈りは、心に深く入り込んできて
何度も何度も読み返さずにはいられませんでした。
(英語は、流暢にいかないのですがcoldsweats01
最近、いろんな意味で、自分の人生を見直す時期にあるという思いを強くしています。
家族のサイクルの転換期…というのでしょうか。

そして、
『新たな夢に向かおうと思っている私』と
『もうそういう年齢じゃないでしょと立ち止まる私』
二つの私の間でウロウロしていました。

でも、変えることができる可能性が少しでもあるなら勇気を持ってみようかなと…
叶うと思って夢に向かってみようかと…
叶わなかったときは、素直に受け入れたらいいのだと…
迷いながらも歩き始めた私に
勇気をくれる祈りだと感じます。

手帳に書き留めておきますね。
素敵な言葉を教えて下さって本当にありがとう♪

投稿: 四つ葉 | 2009年6月 9日 (火) 21時37分

>四つ葉さん

こんばんは。
いつも見てくださっているとのこと。
ありがとうございます!

そうなんです、母が亡くなった頃に比べて、
50倍くらい元気になった気がします。
亡くなったころは、自分が100分の1に縮小した感覚でした。
それが、1月→4月で、5倍、
4月→6月で、10倍戻った感じです。
変なたとえですが・・・。
心配してくださって、ありがとうございます。
また「縮小→拡大」を繰り返すかもしれませんが、
そういうものなのだと見守っていてください。

この祈りの言葉、シンプルですが、すーっと入ってきますよね。
特に、迷いのあるときに・・・。

>でも、変えることができる可能性が少しでもあるなら勇気を持ってみようかなと…
叶うと思って夢に向かってみようかと…
叶わなかったときは、素直に受け入れたらいいのだと…

四つ葉さんは、ちょうど転換期でいらっしゃるのですね。
私のような気楽な身分とは異なり、ご家族のご事情や責任などもおありだと思いますが、四つ葉さんの腑に落ちる選択ができることを、祈っています。

このニーバーの祈りとあわせて、listen to yourself and follow your heart(自分自身の声に耳を傾け、心のおもむくままに)ができるほど、幸せな気持ちになれるのではないかと思っています。
佐々木かをりさんも「自分のやりたいこと=していること」、これが=であればあるほど、happyなのです、とおっしゃっていました。

投稿: Karen | 2009年6月10日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大切な人を亡くした友達のためにできること2 | トップページ | 最後に観た映画 »