« 大切な人とお別れする前に読む本3 | トップページ | defense mechanism »

天豆

Beans

近所のおじいさんがやっている畑で収穫された、そら豆。
散歩の途中で、「天豆」と書かれているのを見て、
「てんまめ?」と、思わず立ち止まりました。

形は少しいびつだけれど、
朝の採れたてで、まだみずみずしい。
新鮮なので、ゆでても黒いすじが出ませんでした。

さやが空に向かってつくため空豆、
さやの形が蚕に似ていることから蚕豆とも書く、そら豆
蚕から虫を取って、天豆とも書くんですね。

そら豆を料理するのは、初めて。
さやから豆を出すときは、ふきんを絞るように軽くねじると
取り出しやすいのか・・・ふーん、なるほど。

父はそら豆が好き。
母がよくやっていたように、塩ゆでしてみました。
ビールのおつまみになったみたい。

それから、
そら豆ごはんも。

Soramame

おいしかった、そら豆づくし。
今が旬ですよね。

といっても、この記事を書いたのは2週間くらい前なので、
そら豆の旬は、もう終わりそう。
あっという間に、春を通り越して、夏になりそう。
こうして、どんどん季節が移り変わっていくんですね・・・。

                     

                  


|

« 大切な人とお別れする前に読む本3 | トップページ | defense mechanism »

コメント

Karenさん、こんばんは。

実は私も「てんまめ」と読んでしまいました(苦笑)
採れたての新鮮なそら豆は、ふっくらとしていて
美味しそうですね(^^)

植物の名前は色々と意味があるものですが、
「さやが空に向かってつくため空豆」というのは
何か夢があり、ジャックと豆の木を思い出しました。

塩茹でした豆を味わいながら、お父様はお母様の
ことを思い出されていたかもしれませんね。

そら豆ご飯、私も作ってみようかな~・・・★

投稿: MOANA | 2009年5月19日 (火) 22時19分

>MOANAさん

いらっしゃいませ、こんばんはー。

「てんまめ」と、読んでも間違いではないようなのですが、
基本的に天豆と書いてそらまめと読むようです。

そら豆ごはん、作りたては色がきれいでしたが、
うっかりそのまま保温しておいたら、そら豆が茶色に・・・(涙)。
もち米が入るので、おいしいですよ☆
出回っている限り、塩ゆで+ご飯の組み合わせを何回か繰り返しそうです。

ジャックと豆の木の話、なつかしい~
でも、どんな結末だったかな?と、調べてみたら・・・
けっこうコワイ話でした(汗)。こんなことしていいのか、ジャック?
相手が巨人なら、何をしても許されるのだろうか?
昔話って、残酷だったり、びっくりする話がありますよね。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E8%B1%86%E3%81%AE%E6%9C%A8

投稿: Karen | 2009年5月20日 (水) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大切な人とお別れする前に読む本3 | トップページ | defense mechanism »