« 遺族の余命は短くなる? | トップページ | ライトピンクテッシノ、ウエストダイヤモンド、リリアン »

私の母の日

Carnations_2

今日は母の日でしたね。
無事に、穏やかに過ごせてほっとしています。

というのも、先月から、スーパー、デパート、電車の中・・・
どこに出かけても「母の日ギフト」の文字が。
こんなに母の日がつらいとは。
目をそむけたり、「母の日なんて、早く終わって欲しい」
なんて、ひどいことを考える始末。

ところが先週、偶然テレビで
「母の日の由来はいろいろありますが、
アメリカの女性が、亡き母を偲んでカーネーションを献花したのが始まり」
ということを知りました。

調べてみると、

1905年5月9日に亡くなったAnn Marie Reeves Jarvisを追悼しようと、
ウェストバージニア州に住む娘のAnna Maria Reeves Jarvis
フィラデルフィアの教会で母の好きだった白いカーネーションを配った

というのが、アメリカでの母の日の始まりだそうです。

詳しくは、こちら

公衆衛生に尽力した母を偲ぶAnna Maria Reeves Jarvis
(後に、母の日の「商業化」に反対する)について知ることで、

もう母はこの世にはいないけれども、彼女のように、
母を偲んで花をたむけていいんだ、そっか、と思いました。
母の日の本当の由来のおかげで、ざわざわしていた心が、穏やかになりました。

Carnations_3

私の母の日。
そこに母はいないけれど、淡いピンクのカーネーションを捧げました。
なんだか、すぐそばに、母がいるような気がします。
そういえば、今日は泣いてない。
                          
Carnations_1

|

« 遺族の余命は短くなる? | トップページ | ライトピンクテッシノ、ウエストダイヤモンド、リリアン »

コメント


おはようございます


カーネーション綺麗ですね~

きっとお母様も喜んでますよね


あまり花屋に行く事がないので、こんな綺麗なカーネーションがあること知りませんでした‥


由来についても‥。


karenさんが、偶然そのテレビを見られたのは

“必然”

だったのかも知れませんね


―と言うのも、

最近、出会ったこと・色んな出来事が繋がっていくのを意識するようになったんです。


気まぐれから興味を持った事が、自分にとって大切なことになったり‥

それがまたきっかけで知ること、感じること、行動することが

自分の原点に繋がったり。


“必然”だと思うと、妙に納得するんです。


…何か自分の事をすみません


初コメのお返事ありがとうございました

karenさんのブログ、家族の温かさや優しさを感じますよ

投稿: アキ | 2009年5月12日 (火) 05時16分

>アキさん

こんばんは。

>最近、出会ったこと・色んな出来事が繋がっていくのを意識するようになったんです

そうですよね、わかります。
いろんな新しい刺激が、自分の中で、
それまでの経験や知識と化学反応を起こしていくような感じですよね。
小さなことの積み重ねと何を選択するかで
人生が変わると思いますから、
そういう出会いを、ひとつひとつ大事にしていきたいですね。

カーネーション、とても気に入ったので、
このあと、記事にしてアップします。
今度機会がありましたら、ぜひお花屋さんをちらっとのぞいてみてください。

投稿: Karen | 2009年5月13日 (水) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遺族の余命は短くなる? | トップページ | ライトピンクテッシノ、ウエストダイヤモンド、リリアン »