« defense mechanism | トップページ | Dr. Andrew Weil on Health and Beauty »

Titanic, again

Rose0523095 

ジョージア・オキーフの絵を思い出しました。
見事な「巻き」に、うっとり。

昨年、
A Rose Named Titanicという記事で紹介した、
タイタニックという名前のバラ。


前回に比べて、かなり近寄って撮ってみました。
お花は寄りすぎるくらいのほうが、
生命力や気配が感じられていいのかも、と発見。

Rose0523093 

いかがでしょうか?

ちょっと下から、にじり寄る感じで・・・。

Rose0523092 

寄りすぎ??

Rose0523091 

波打つ花びら。
静謐さ、伝わりますか?

母の部屋は、お花でかわいらしくしてあげたいです。会いたいな・・・。
                    

|

« defense mechanism | トップページ | Dr. Andrew Weil on Health and Beauty »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« defense mechanism | トップページ | Dr. Andrew Weil on Health and Beauty »