« pink + blue | トップページ | ランキングの応援ありがとうございました »

Spotless Stove

さて、タイトルの英語の意味は何でしょうか?







正解は







汚れひとつない、ピカピカのコンロのことです。




とてもお恥ずかしい話なのですが・・・

コンロの焦げ付きの「蓄積」が、尋常ではないレベルに達し、
やるとなると大変だという思いから、数ヶ月間、放置していました。

母はきれい好きだったので、ここまで汚れを溜めずに、
こまめに掃除をしていました。
私も以前は母と同じく、コンロが温かいうちに、汚れをふき取っていました。

それが・・・いつのまにか手のつけられない状態に(涙)。
料理をするたび、悲しくなっていました。
ずっと、気にはなっていたのですが、
なかなかやろうという気が起きず・・・。

ところが、先月末になって、
4月になることだし、すっきりしたい、させたい!
と意を決し(大げさ)、ついにやりました、Spring Cleaning

重曹を使った掃除法はいろいろありますが、
母のやり方に自己流をプラスしたものは、こんな感じです。

①汚れの上に掃除用の重曹を振りかける
②古いタオルを切ったものを水でぬらし、コンロの上に乗せる。
 2時間くらい放置。パックをするような感じ。
③そのタオルを使って、汚れのひどいところには重曹を追加して、
円をかくように念入りにこする。

重曹を使った掃除法を紹介している
英語のサイト も見つけました。
こちらは、水で重曹を溶かしてペーストを作るやり方ですね。
 
きれいになって、気分すっきり、達成感もあります。
光が反射するようになって(笑)、キッチンが明るくなり、
気持ちよく、料理ができます。

先日、母のお墓参りに来てくれた主婦の友達に見せたら、
すごい、うちに来てほしい!と、褒めてくれました。
(彼女も、コンロの掃除に悩んでいるようです・・・)

母が亡くなってから、よく眠れない日が多かったのですが、
この日は掃除で体力を消耗したので、ぐっすり眠れました。
掃除をしている間は、無心になって、
ただひたすら汚れを落とすことに専念するので、
短い時間でも、辛いことを考えないで済みます。

もし、大切な人を亡くされたり、何かとても辛いことがあったら、
コンロに限らず、掃除はおすすめです。

まだそこまで体力気力が回復していないという方は、
溜まった汚れは見なかったことにして、
ゆっくり休んでくださいね。
今は体が重いかもしれないけれど、
いつか、掃除がしたくてたまらなくなります。

PS
この記事を書いたときは、すごく元気で、吹っ切れた感があったのですが、
最近また調子がよくなくて・・・。困ったな。
今、大切な人を亡くされた方のブログ巡りをしていますが、
みなさん、元気になってみたり、落ち込んだり、その繰り返しのようです。
なので、それでいいんだと思うことにしました。


ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ

|

« pink + blue | トップページ | ランキングの応援ありがとうございました »

コメント

Karenさん、こんにちは、初めてお便りします。お母様を亡くされ、意気消沈されていること、お察しいたします。私も35歳の時に両親を亡くしました。母が肝癌で入院させた、翌日に父が心臓発作で亡くなりました。母が亡くなる3ヶ月間、父のことは内緒にして、葬式などをしました。その後私も膠原病になり、3年間は泣いて暮らしてました。自分の弱さにことごとく、呆れても人間一人の力は大したことのないという無常気。お掃除、気が晴れて良かったです。さて、私は今、アメリカのある州で主人と暮らしています。
karenさんの英語のブログ見させていただき、正に私が言いたいことをすべて、英語で書いていらっしゃるので感激しました。私も英語で悩み、アメリカ人との付き合いで悩み、それでも英語は続けていかないと・・・・・昨年に日本での職を失い、今は今後の自分を見つめ直しているいるのですが、人間悩みは尽きませんね!karenさんには英語のブログも頑張ってほしいです。それでは、時がすべて解決してくれることもありますので、頑張って乗り越えてください。noah

投稿: noah | 2009年4月14日 (火) 22時40分

Karenさん、ご無沙汰しております!

お母様の件で、なんとお声をかけていいのか分からず、しばらくそっと見守らせていただくことしかできませんでした。
最近は、少しずつ更新が多くなってきて、
Karenさんも少しずつ元気を取り戻しつつあることが伺えて、僕も嬉しく感じております。

あまり、無理をせずに、
少しずつ前を向いていけばよいのでしょうか?
きっとお母様も、こんなに娘さんに思われていると知って、天国でお幸せに感じられてることだと思います!


実は、僕の母も3年前、くも膜下出血で突然倒れ、生死をさまよいました。
12月のある寒い日、
母から「インフルエンザが流行りはじめているから、予防接種を受けなさいよ」と電話で告げられました。
また、年末に実家に帰る日程を話し合い、それを僕自身楽しみにしていました。

そして、その晩アルバイトを終えて家路につく最中でした。
普段は電話なんてしてこない弟から何件もの着信履歴があり、驚いて折り返すと、
「お母さんが倒れた、救急車で運ばれて、明日緊急手術をする。」
ということを告げられました。
その瞬間は訳が分からず、呆然と道の上にたたずんでしまいました。
「あの電話が最後の会話になってしまうかもしれない」
「もうあのおちゃらけた母の笑顔は見れなくなってしまう」
と思うと、胸が締めつけられる思いでした。
でも、あまりの衝撃で不思議に涙がこぼれなかったのを覚えています。

翌日の始発で実家に帰り、手術に立ち会いました。
手術は半日以上掛かりました。
術後の集中治療室に、刺激を与えてしまうといけないからといって、
数人ずつ順番に面会しました。
弟と妹と入ったのですが、髪はそられ、いくつものチューブをつながれ、母は変わり果てた姿でそこに横たわっていました。
そこで初めて、兄弟3人で涙がとめどなくあふれました。
妹や弟も、それまでは気丈に振舞っていましたが、抱えきれない胸の不安がこぼれだしたのでしょう。
「絶対によくなるんだよ!」
と一言かけるのが精一杯でした。
母は朦朧とした意識の中で、目を見開いて、少しうなずきました。

手術は無事成功しました。
しばらくはチューブをつながれていて、
会話をすることができませんでしたが、
後遺症は残らず、それから少しずつ回復していきました。
そして年末にはなんとか家に帰ることができました。
その年の正月は、忘れられません。
また5人+1匹で新年を迎えられたことを、この上なく幸せに感じました。

今では、たばこもやめ、毎日ひざが痛いとは言っていますが、
健康に暮らしています!
この5月からは、僕も実家に帰って、
留学に出発するまで、また久しぶりに家族全員で過ごす予定です。
いろいろと手伝ってあげたりしたいと思っています。


僕の母の場合は助かったからよかったのですが、
Karenさんの場合はもっと悲しい経験をされたはずですよね。
こんなことをいったら出すぎたまねかもしれませんが、
少しずつ時間がKarenさんを癒してくれるはず。
ドラマ「東京タワー」の終わりに、こういう節がありました。
「みんな、心に何かしらの悲しみを抱えて生きている。そう思うだけで、みんながすごいと思えた。自分も胸を張って頑張っていかなきゃいけない」

人生において、乗り越えなきゃいけない悲しみは必ずあると思います。
楽しいこともあるけど、それを乗り越えることもまた生きるということ。
失った悲しみを乗り越えて生きていくことが、
亡くなった人への一番の弔いになるのではないでしょうか。

僕も、コブクロの『蕾』を聞くと、
母の病気のことを思い出します。
母が倒れる1ヶ月前、母とコブクロのライブに行ったんです。
そこで、今度「東京タワー」というドラマの主題歌を歌わせていただくことになりました!と
紹介されました。
そのときは解禁されてなかったので歌は聞けなかったのですが、
母が退院後、そのドラマが放映されて、
毎回それを見るたび、そして「蕾」が流れるたび、
あのときのことを思い出しました。
今でも、「蕾」を聞くとそのことを思い出してしまいます。
母とも、一生忘れられない歌だね、と話しています。

僕の場合、加えてアンジェラ・アキさんの「Home」という歌に支えられました。
母が倒れた12月のクリスマスに、妹と彼女のライブに行き、この歌で涙をこぼしました。

音楽の力ってすごいですね。
ぜひ、Karenさんにも聞いていただけたらと思います。
そして、同じくアンジェラ・アキさんの「レクイエム」、コブクロの「遠くで…」
という曲も、悲しい歌ですが、
聞いた後、気持ちがすっきりされるかな、と思います。
You Tubeで検索されると出てきますので、
悲しいとき、耳を傾けてみてください。

長々とまとまりのない文章で申し訳ありません。
こんな長いコメントした人いませんよね(笑)
僕の母も、東京に遊びに来ると、毎回コンロの掃除をして帰ってくれます。
それを思い出して、自分のことと重ねてこのコメントを書かせていただきました。
僕にはこんな声をかけることができませんが、
Karenさんの背中を少しでも押せたらと思って書き込みさせていただきました。

また来ます!
次の記事楽しみにしていますね☆

投稿: てる | 2009年4月14日 (火) 23時37分

>noahさん

はじめまして、こんばんは。

膠原病を患っていらっしゃるとのこと・・・
今は、ご体調はいかがですか?
お薬で症状ができるだけコントロールできることを
遠くからお祈りしております。
noahさんご自身のご体調がたいへんなときに、
温かい励ましの言葉、本当にありがとうございます。

ご両親を相次いで亡くされたとのこと・・・
その悲しみは、想像しただけで、苦しいです。
私は母を亡くしてこんなに大騒ぎしているというのに、
看病されながら、お父様のことをお母様に隠しておられたnoahさん、
本当に気丈でいらっしゃいましたね。
というより、気丈でいるしかなかったと思うので、
とてもお辛かったですよね・・・。

そんなnoahさんが「時が解決してくれる・・・」と
おっしゃられると、そうなのかと思えます。
思えば、まだ3か月ですし、そうそうすっきり、
まして、掃除だけで悲しみが癒えるわけがないですよね。
焦らず、ゆっくりいきますね。

英語のブログ、読んで下さって、ありがとうございます。
英語は、やっぱりどこまでいっても
「外国語」ですからね。
苦しい時、ありますよね。でも、大好きです。

アメリカ人とのつきあい、お悩みなのでしょうか?
私も、大学の寮にいたときは、「ここは動物園だ」と、本気で思いました。
日本にいると、アメリカに戻りたくなりますが、
行ったら行ったで、「全くアメリカ人は!」
なんて、また思うようになるのかも?

おっしゃる通り、生きている限り、悩みはつきませんね。
おばあさんになっても、いろいろあるようですし。
でもそれが生きているということ。
もっとやりたいことがあったであろう母の分まで、
いろんなことを経験して、思いっきり悩み、
決断して、行動して、生き抜こうと、改めて思いました。
大事なことに気づかせて下さって、ありがとうございました。

お身体、お愛いくださいね。

投稿: Karen | 2009年4月16日 (木) 21時38分

>てるさん

こんばんはー。お久しぶりです。

おっしゃるとおり、これはコメントの領域を超えて、
エントリーのようですよ!
どこまでも続くコメントに、びっくりしました。
魂のこもった言葉、本当にありがとうございます。

>きっとお母様も、こんなに娘さんに思われていると知って、
天国でお幸せに感じられてることだと思います!

思いすぎかも?
ここまで「おかーさーーーん」って言ってるブログって、
あるんでしょうか?
(探したら、けっこうありますね、お母さんへの想いあふれるブログ)

お母様の突然のご病気、本当に大変でしたね・・・。
その時の、てるさんの涙も出ないほどのショック、
失ってしまうかもしれないという不安、よくわかります。
お母様がチューブにつながれて、会話ができない姿を見るのは、
とても辛かったですよね。
自分の大切な人が苦しむ姿は、身を引き裂かれるようですよね。
私も、母の最期は、見ていられないとはこういうことかと、
本当に胸が痛かったです。
あまりにも衝撃的で、今でも、寝る前に思い出すと苦しくて、
泣いてしまいます。

お母様、後遺症もなくお元気になられたとのこと、
本当によかったですね!
つらい体験だったと思いますが、
お母様に対する想いが一層強くなる、
家族の絆が深まる機会だったと思います。
実体験がないと、健康や家族って
当たり前と思ってしまいがちですよね。
貴重な体験をされましたね。

アンジェラ・アキさんの「レクイエム」、
さっそく聴きました。号泣です・・・。
旅立っていった方の目線なのですね。
母も、こんなふうに思って逝ったのかななんて思ったら、
涙がぼろぼろこぼれてきます。
母は、アンジェラ・アキさんの「手紙」が好きでした。

コブクロの「遠くで…」、なんで今まで知らなかったんだろう?
コブクロが好きと言いながら。
また号泣してしまいました。
「まだまだまだ生きてほしかった
いろんな話を 聞きたかった
今 一番 会いたい人が 今一番 遠くにいます・・」
歌詞そのまま、私の気持ちです。

最近、涙腺がとんでもないことになっていて、
コブクロの「桜」「蕾」「あなたへと続く道」
「Miss You」を聴くと必ず泣くのですが、
「遠くで・・・」「レクイエム」も、そのリストに追加決定です。
涙を流すと、すっきりしていいみたいですね。
cleansing tearsという言葉もありますし。
アメリカ人並みに感情表現が豊かなので、
人と話していても、さっき笑っていたと思ったら、
今度は泣いている、という感じです。

本当に、曲を作る人って、天才だな、と思います。
気持ちを言葉に表して歌詞を書いて、美しい曲にのせて、
これだけ多くの人の心を動かすことができるなんて、
すごいですよね。

いきものがかりの「茜色の約束」も、いいですよ。
ミスチルの「HANABI」も(桜井さん、お父様を亡くされたそうです)。
母が亡くなってから、家族でカラオケに行きました。
母が好きだった「なごり雪」は、みんなそれぞれが歌って、
しつこいくらい何回も歌って、みんなで泣きました。
(告別式で演奏してもらいました。「蕾」も)
私の声は母によく似ているので、ときどきこの曲を
お風呂で歌うと「お母さん?」と思います。
ごめんなさい、頭がおかしいわけじゃなくて、
母の声がとにかく聞きたくて、そんなふうに考えてしまいます。
子供みたい・・・。

「東京タワー」は、映画を機内で観ました。
周りを恥ずかしがることもなく、大泣きしました。
母の息子に対する想いは、娘に対するのとは
違うというか、かわいくてしょうがないみたいです。
大人になっても、弟をひがんでいたのですが(汗)、
「息子を産めば、わかるよ」と母に言われました。

「蕾」で思い出したのですが・・・
昨年、NHKでコブクロの密着取材を放送していて、
小渕さんが、お父さん、お姉さんの前で「蕾」を歌った話や
この曲にかける想いを語っていたんです。
それを、母となにげなく観ていたのですが、
蕾のところで、二人して「えーーん」って大泣きしました。
今にして思うと、これから来るであろう永遠の別れを思い、
少し早いお別れをしたのかな・・・と思います。

てるさんのおかげで、涙が出っぱなしです。
曲にまつわるいろんない思い出がよみがえってきました。
コメレスも相当長くなりましたね。
お気持ち、本当にありがとうございました。

投稿: Karen | 2009年4月16日 (木) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« pink + blue | トップページ | ランキングの応援ありがとうございました »