« A Friend in Need or A Fair-weather Friend? | トップページ | pink + blue »

200804031

みなさん、もうお花見には行きましたか?

1年前の昨日、4月3日に、
母と千鳥ヶ淵まで行ってきました。

母が横で写真を撮っていて、とてもいいアングルだったので
まねしてみたのが、こちら

200804032_2

菜の花と桜って、合いますね。

200804033

母「わぁ、ボートだ。乗りたい」
私「たぶん、すごい並んでるよ」
母「並ぼうよ。乗りたい!


お昼前だったからか、列は思ったより短くて、
10分ほどで乗ることができました。

体調の悪い母にかわって、
私が初めてのボート漕ぎに挑戦したのですが、
予想以上に難しくて、全然進まない・・・。

母「(オール)貸して」

ぐいぐいと力強くボートを漕ぐ母。
すごい。
カメラを向けると、モデル?のように
どんどん表情を切り替えて、
ふざけて変な顔も、してみたり。

200804034

水面から見上げる桜は、
格別の美しさ。ほんとうに、綺麗。
地上の喧噪から離れた、
30分間のおだやかな水上のお花見。



この数日前、医師と面談があり、
終末期医療の話と、延命措置の希望を聞かれました。
泣かないで、気丈に答える母。
その夜、母も私もたくさん泣きました。

母を励ますつもりでお花見に連れ出したのに、
笑顔でボートを漕ぐ母の姿。
励まされたのは、私のほうでした。



桜は、母の一番好きな花。
「ぱっと咲いて、ぱっと散るのがいい。
花びらが、いさぎよくぱーーっと散るのが、好き」。
桜の季節になると、そんなふうに話していた母は、
1年前は確かに私の隣りにいて、
舞い散る花びらを、一緒に眺めていました。

このときに母が撮って、自分で飾っていた写真の横に、
今年は「
啓翁桜」を並べて、母にお供えしました。
小さいけれど、桜。
家の中が、少しは明るくなったかな。

Sakura1

Sakura2

部屋に飾っている写真の母は、
見事な桜を背景に、ボートを漕ぎながら
こちらに優しく笑いかけています。
とてもなつかしくて、さびしいです。

昨年の今頃、お花見について書いた記事はこちら
私も、母と同じく、桜が大好きです。
(英語に訳しています)



ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります
apple

にほんブログ村 英語ブログへ

|

« A Friend in Need or A Fair-weather Friend? | トップページ | pink + blue »

コメント

Karenさん、こんばんは。

桜の風景がとても綺麗な画像ですね。
こちららはまだツボミさえ無くて、桜が見られるのは
まだ先になりそうです。

母娘で花見がてら漕いだボートは、本当に楽しかった
でしょうし、最高の思い出になりましたね。

体調が優れないながらも、器用に颯爽と漕ぐお母様は
ステキですし、Karenさんにとって一つまた一つと
お母様への尊敬と憧れの気持ちが強まったことでしょう。
芯の通った一本気の性格でありながら、常に周囲に
気配りできる明るくも繊細な方だったんですね。

Karenさんが飾った桜を、きっとお母様も微笑みながら
眺めていらっしゃると思いますよ(^^)


投稿: MOANA | 2009年4月 4日 (土) 21時58分

Karenさん、お久しぶりです。大変遅くなってしまいましたが、お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
とても素敵な桜の写真ですね。お母様と楽しく時間を過ごされたのが伝わってきます。
>とてもなつかしくて、さびしいです。
涙が出てしまいました。Karenさんにとってきっと忘れることのできない素敵な時間ですね。

投稿: NeNe | 2009年4月 4日 (土) 22時42分

>MOANAさん

こんばんはー。
そちらはまだつぼみさえない?
今年は開花してから寒い日がありましたので、
こちらもゆっくりと咲いてきた感じです。
まだ、3-4分咲きの木もあります。
楽しみです。

そうですね、ボートは母が元気を出して漕ぐ姿に
びっくりして、そして元気をもらいました。

実は遺影の写真をPCで選ぶときに、
最初泣きながら選んでいたのに、
ボートのときの変な顔の写真を発見したら、
声を出して大笑いしちゃったんですよ。
「お母さんが笑わせてくれた」と思いました。

>芯の通った一本気の性格でありながら、常に周囲に
気配りできる明るくも繊細な方だったんですね。

まさにその通りです。
うまく説明できなかったのですが、
まとめてくださって、ありがとうございます!
なんて素敵な母なんだ・・・と日に日に感じる、
親ばかならぬ娘ばかです。

投稿: Karen | 2009年4月 5日 (日) 20時22分

>NeNeさん

こんばんは。お久しぶりです。
お忙しい中、コメントを残してくださって、
本当にありがとうございます。

そうですね、楽しい時間でした。
この日のことだけでも、
いろんな場面がくっきりと思いだされます。
お弁当に花びらが散ってきたとか、
インドの方がやっているチャイのお店を
母が気に入って、お店の前で座って飲んでいたら
ぱーーーっと桜が散ってきたとか。
お店から流れるインドの曲にのりのりの母、とか・・・。
お店の写真まで、撮っていました。
珍しかったんでしょうね、きっと。

もうこれから一緒にいられないと思うと、
過去がきらきらと輝いてきます。

投稿: Karen | 2009年4月 5日 (日) 20時28分

karenさん

こんばんは。桜とってもキレイですね。千鳥ヶ淵の風景がそれをまた際立たせてくれています。

ステキなお母様との思いがよく伝わってきました。最近の記事を読んでいるとお母様は姿形を変えkarenさんの近くにいるんだなあと感じます。

また、こうしてブログをアップしてくれること嬉しく思います。ありがとう。

投稿: kaizokuou | 2009年4月 6日 (月) 00時57分

>kaizokuouさん

こんにちは。

桜、満開になったと思ったら、
もう散ってきましたね。
咲いたら、ほんとうにあっというまですね。

千鳥ヶ淵、先日行ってきました。
写真をいくつかアップする予定です。
kaizokuouさんは、今年はお花見に行かれましたか?

投稿: Karen | 2009年4月12日 (日) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« A Friend in Need or A Fair-weather Friend? | トップページ | pink + blue »