« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

A Friend in Need or A Fair-weather Friend?

ひとつ前のエントリーで、yumiさんが、
このブログが1周年を迎えていたことを、知らせてくださいました。
(ありがとうございますpresent

「あ、そういえば、そうだった」

このところのばたばたで、ブログの誕生日(3/7)が
すっかり頭から飛んでいました。

Belated Happy Birthday, "care and share"!


思えば、この1年、たくさんの方にブログに来ていただいて、
楽しい日々を送ることができました。

といっても、よいことばかりではなく・・・。
先日、つらくて、どうしようもない気持ちをさらけ出したとき、
多くの方から、思いやりのある言葉をいただきました。
本当にありがとうございます。

そこで、有名なことわざを思い出しました。


A friend in need is a friend indeed.

まさかのときの友こそ真の友



ブログでも、「真の友」って、いるんだな、と
うれしかったです。


Thank you for always being there!



家族や友達は、お金では買えない、財産。
そして、量より質だと、改めて思います。

亡くなった母は、人数は少ないですが、
優しい友人に恵まれました。
みなさん、私の話を聴いてくださって、
一緒に泣いてくださいます。
ここだけの話、親戚のおばさんよりも、
気持ちに寄り添ってくれます。
母には、真の友が確かにいたのですね。


困っているときに手を差し伸べてくれるa friend in needに対して、
a fair-weather friendという言葉があります。
さて、どういう意味でしょうか?
(答えは
こちら

たくさんのFair-weather friendsよりも、
friends in needが少しいてくれることのほうが、
幸せですよね。

Have sweet dreamsmoon1


ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (4)

初めてのお彼岸

前回のエントリーから、ちょうど1か月が経ってしまいました。
たくさんの方から温かい言葉をかけていただき、
また、母の冥福を祈っていただきました。
本当にありがとうございました。

すぐにお礼をお伝えしたかったのですが、
なかなかPCに向かうことができませんでした。
ごめんなさい。

先日、無事に納骨を済ませました。
今日は、母が亡くなって初めて迎えるお彼岸の入りです。
おはぎをお供えしました。

おはぎというと、あんこが大好きだった母が喜んで食べていたものなので、
お供えなんて、なんだか、変な感じです。
たくさん買っても、母がいないので、全然減らないです。
私はそんなに食べられないし・・・大変なんだけど、お母さん!
お腹いっぱいだよ・・・。

2か月ほど経ちますが、まだ、母のいない生活に慣れていません。
お惣菜を買ったとき、無意識に、母の分も買っていました。
料理も、作りすぎてしまいます。
何かに集中しているとき、ふと、母が亡くなったことを忘れる瞬間があります。
すぐに、「あ、いないんだ」と思い出して、悲しくなります。

母が亡くなったのは寒い冬でしたが、
気がついたら、いつのまにか温かくなっていました。

最近になって、やっと、
元気になる行動を意識的に起こそうと、思い始めました。

桜が咲いたら、母とお花見に行った場所を訪ねてみようかな、と思っています。
ちょっと辛いかもしれないけれど。


ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります
apple

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (7)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »