« TSUTAYAでいい買い物をしました | トップページ | 初めてのお彼岸 »

母との別れ

Tulips

このお花は、母のお友達が、母のイメージということで
持って来てくださいました。


いつもブログを見に来ていただいたみなさまへ



最後の更新から、もう1か月以上も経ってしまいました。
ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。
お返事も遅くなってしまい、本当にごめんなさい。


実は先月、母が亡くなりました。



1998年に乳がんとわかってから、11年間闘病してきました。
病気に負けた、というよりも、「生き抜いた」と思います。
最後まで生きることをあきらめない、自分より周りの人を気遣う、
優しくて、気丈な母でした。


亡くなる日の朝、意識レベルが下がっていくなかでの、
母と二人だけの時間。
言いたかったけれど、言えなかった、
最後までとっておいた言葉を、ついに伝える時がきました。


「お母さん、ありがとう。
お母さんがお母さんで、本当によかったよ」。
母は小さな声で、「うん」と、うなずいてくれました。


失ってみると、母は本当にすばらしい人だった、ということを強く実感します。



できたら、あともう1回、母と話がしたいです。
1日だけでいいから、元気な母と、
きれいな景色を見たり、おいしいものを食べながら、
今までの感謝の気持ちを伝えたいです。


今、これを書きながら、涙が止まりません。



1か月が経ちますが、亡くなった直後とはまた違った
感情が込み上げてきます。
日常生活を取り戻すにつれて、寂しさを感じ、
朝起きると、まず最初に、「母はもういない」と実感します。


近くの公園を、いつものように
散歩するとき、
母も好きだったコブクロの「 」を聴くと、
これでもかとばかりに、涙があふれてきます。
見慣れた景色が、今までと違って見えます。


がんの患者さんや、がんで家族を亡くされた方々のお話を、
映画、テレビ、本、ブログを通して、疑似体験してきました。
でも、やはりそれは疑似体験に過ぎず・・・。
現実は、本当に、とてもつらいです。


でも、泣いているだけでは、何も始まらないし、
母も、それを望んではいないはず。


「(もうろうとして)意思を伝えられないのって、たいへんだね」
「(息を)たくさん吸って、たくさん吐きたい」
「(大好きなみかんを)どんどん食べたい」
と言って亡くなった母のことを想うと、
息が吸えて、自分の足で歩けて、
目が見えて、おいしいものが食べられて、
自分の意思を伝えられるということ、
生きているということが、
なんてありがたいのだろう、と思います。


生まれ変わったというよりも、
亡くなるときに、母に「産み直してもらった」気がします。


母の苦しさを目の当たりにして、
今まで私が苦しいと思っていたことは、なんだったのか?と思います。
そういう意味では、今を乗り越えると、
もしかしたら私は、今までで一番強くなれるのかもしれません。
そう自分に言い聞かせるようにしています。


ブログ更新のペースを取り戻すには、少し時間がかかりそうです。
また書けるようになるまで、待っていただけますでしょうか?
よろしくお願いします。


ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ

|

« TSUTAYAでいい買い物をしました | トップページ | 初めてのお彼岸 »

コメント

Karenさん。

心配しておりました。
このブログを読んで私も涙があふれております。

自分を生んでくれた最愛の
この世で一人の人を泣くされた悲しみは
自分がこの世を去るまで癒えることはありません。

悲しい気持ちのなかの更新
ありがとうございます。

そして、お母様のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。合掌。

yumi

投稿: yumi | 2009年2月17日 (火) 21時59分

Karenさん

私も心配しておりました。。。。
Karenさんのブログを読んで また、今までのブログを
思い返し お母様との絆がとても強かったkarenさん、
どんなにお辛いでしょうか。。。 私も涙が出てきました。

言葉が見つかりませんが
karenさんのブログを楽しみにしています。
お母様のご冥福をお祈りいたします。

投稿: ゆうぴょん | 2009年2月17日 (火) 22時24分

Karenさん、お帰りなさい。

ブログに戻ってきてくれる日を心待ちにしていましたが、
コメントを読むごとにKarenさんの悲しみや空虚感が
手に取るように伝わってきて、かける言葉も見つかり
ません。
どんな思いでキーを打ったのか、Karenさんの現在の
心境を思うと胸が張り裂けそうです。

私も既に3人を見送っていますので、身内を失う辛さや
悲しさは痛いほど理解しています。

いえ、違いますね・・・
身内と一言で言っても、Karenさんにとってお母様は
お手本であり太陽であり、本当にかけがえの無い存在
だったことと思います。

願わくば、お母様がこの世に心残り無く楽しい思い出を
胸に天国に旅立たれていますように。
そして、Karenさんの悲しみや心の痛みが一日でも早く
癒されて幸せな日が訪れることを願っています。

改めまして、お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: MOANA | 2009年2月17日 (火) 22時37分

Karenさんへ

まず、お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

どれほどの言葉を尽くしても、
Karenさんの心の穴をふさぐことはできないと思います。
また、喪失感を共有することも、
残念ながらできないのだと思います。

たくさんの言葉をかけてあげたいという気持ちはありますが、あえて今は書かないでおきます。

いつかお母様がKarenさんの心と一つになる瞬間がやってくるのだと思います。

そのときがくるまで、心ゆくまでお母様の思い出とともに、無理に感情を抑えることなく、日々をすごしていただければと願うばかりです。

なにかあれば遠慮なく言ってくださいね。
ここを訪れる人たちは皆さん、Karenさんのことをいつでも見守っていると思いますので。。。

投稿: 井上真改 | 2009年2月17日 (火) 22時47分

karenさんへ

自分もとても心配していました。
今回は、メールアドレスの方にも言葉を送らせていただきました。

井上さんの言う通り、ここを訪れる人たちは
いつでもkarenさんのことを見守っていると
思いますので、何かあればいつでも遠慮なく
言って下さい。

お母様のご冥福を心よりお祈り申しあげます。
合掌

投稿: kaizokuou | 2009年2月17日 (火) 23時20分

Karenさん。

Karenさんが更新されないのには、相当な理由があるだろうと思っていましたが…。

「喪に服す期間」は、遺族が悲しみを癒すためにあるそうです。
今は、たくさん悲しんでください。
そして、ゆっくりゆっくり癒してください。

Karenさんがお母様に伝えられた「最後までとっておいた言葉」は、
これ以上のものは無いと断言できる、最高の贈り物だと思います。
お母様もきっと、Karenさんのお母さんであることを
心から「よかった」と思われたに違いありません。

お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Karenさん、お体ご自愛くださいね。
いつまでもお帰りをお待ちしています。

投稿: あさぼっち | 2009年2月17日 (火) 23時26分

Karenさんへ

お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
「お母さんがお母さんで本当によかった」というKarenさんの言葉に、お母様もきっと「あなたが私の娘で本当によかった」と思いながら、旅立たれてゆかれたと思います。

記事を読み、生きていることへの感謝、大切な人たちが存在してくれていることへの感謝を新たにしました。
大きな悲しみの中でのshare、ありがとうございました。

どうぞ無理せず、Karenさんのペースで更新していってくださいね。
これからも楽しみにしています。

投稿: zukko | 2009年2月18日 (水) 10時25分

karenさん、つらい時期を過ごされていたのですね。
どんな言葉をもってしても、Karenさんの悲しみを
癒すことにはならないと思います。
実際、一緒に涙することしかできなくて・・
今はまだいろいろ気の張ることも多くていらっしゃるでしょうが、Karenさん御自身も、くれぐれも
御自愛下さいね。
それがきっとお母様の望んでいることでもあると
思うので・・。
お母様の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿: あいみ | 2009年2月19日 (木) 00時12分

karenさん、言葉が見つかりません。

けれど、お母さまとの最期の時間を一緒に過ごせたこと、きっと、良かったことだと思います。

無理はしないでくださいね。

投稿: sarasann | 2009年2月20日 (金) 10時56分

何も言う言葉が見つかりません・・・
私も8年前におじいちゃんを亡くしたときは10歳なりにかなり悩んで、かなり泣きました。
一緒に死にたいとまでも思ったことを今でも覚えています。
生きていれば別れはつきものです。
それがいつくるか、わからないから本当に怖いです。

投稿: なるみ | 2009年2月21日 (土) 11時49分

お久しぶりです。
Karenさん、お疲れさまでした。
お母さまの生き抜かれた姿こそが生きざまですよね。私も職業柄沢山の別れを見送りさせていただきましたが、どう生きるかはどう終えるか‥だと感じてきました。
こうやって、思いを綴られる事がお母様が沢山の愛情を注いでこられた、そういう生き方をされてきた証だと思います。

癌は憎いです。
何度もそう思いました。
私の人生最大の恩師を癌で失い‥七年。
未だに受け入れられないです。
だけど、こんなにも人に影響を与える生き方って、すごいな‥と。
だから、お母様の生き方、歩んで来られた人生を共有していって下さい。

投稿: まきじん | 2009年2月23日 (月) 22時53分

Karenさん

更新されていないので心配しておりました。
今、読みながら私も涙が止まりません。

Karenさんのお母様に対する思いが
痛いほど伝わってきます。
そして、この11年を気丈に生きることで
Karenさんに様々なことを伝えていらした
お母様の気持ちを考えると、胸が詰まります。

泣きたいときには泣いて下さいね。
そして、時間をかけてゆっくりと悲しみを癒して下さい。無理はなさらずに。。。

お母様のご冥福を心からお祈り申し上げます。
どうか、お身体をご自愛下さいね。
待っています。

投稿: 四つ葉 | 2009年2月25日 (水) 21時39分

今日、久しぶりにお邪魔してびっくりしました。
お母さまが大変だったんですね。

私も12年前に父を亡くし、その時に普通の平凡な日々のありがたさを痛感したのを思い出しました。
何を見ても、何をしてても思い出し涙していました。

でも、最後に「お母さんがお母さんで良かった」って最高の親孝行の言葉をかけてあげられたことはお母さまにとってもKarenさんにとっても本当によかったと思います。
お母さまのご冥福をお祈りします・・

投稿: チェリーママ | 2009年3月 9日 (月) 21時08分

でも、最後に「お母さんがお母さんで良かった」って最高の親孝行の言葉をかけてあげられたことはお母さまにとってもKarenさんにとっても本当によかったと思います.

私もそう思います.

Karenさんは,
本当に強くてamazing人ですね.

投稿: | 2009年3月12日 (木) 06時20分

このエントリーにコメントを残してくださったみなさまへ

お返事が1ヶ月も遅れて、本当に申し訳ありませんでした。
いい歳をした大人なのに、自分でもびっくりするくらい、
ショックが大きかったようです。

みなさまからのメッセージ、心がこもっていて、
温かく、とてもありがたかったです。ほっとしました。
たくさんの方に母の冥福を祈っていただき、
本当にありがとうございました。

メールもたくさんいただき、ありがとうございます。
勝手なお願いですが、こちらのコメントで、
お返事とさせていただいても、よろしいでしょうか?
ごめんなさい・・・。


>yumiさん

>自分を生んでくれた最愛の
この世で一人の人を泣くされた悲しみは
自分がこの世を去るまで癒えることはありません。

私がこの世を去るまで・・・。
やはり、そうなのですね。

親が亡くなるのは、親が70代80代になってから・・・
なんて、昔は漠然と、無邪気に考えていました。
そして、別れがこんなに苦しいとは思いませんでした。

ただ、今日はとても天気が良くて暖かかったので、
気持ちがいいなぁと思うことができました。
お彼岸の入りですね。おはぎをお供えしました。

お心遣い、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。


>ゆうぴょんさん

>Karenさんのブログを読んで また、今までのブログを
思い返し お母様との絆がとても強かったkarenさん、
どんなにお辛いでしょうか。。。 

さっそくにコメントを残してくださって、ありがとうございました。

そうですね、母とは距離が近かったですね。
というより、私が母に甘えていただけかも・・・。
優しくて、明るくて、楽しい人でした。
普段の、なんてことないやりとりが、もう永遠にできないのかと思うと、
やっぱり、とっても寂しいです!

ブログでは、ゆうぴょんさんがお母様をお花に例えると・・・
というお話を、Titanic roseの記事でしましたね。
あの時は、こういう日がくることを、
覚悟していたのです。
信じたくなかったですけれど・・・。


>MOANAさん

MOANAさんのコメントを読んでいて、
こちらが胸が張り裂けそうになります。

>コメントを読むごとにKarenさんの悲しみや空虚感が
手に取るように伝わってきて、かける言葉も見つかり
ません。

ここまで正直に感情をさらけ出して良かったのかと、
一カ月たった今、思いました。
でも、あの時は、出さずにはいられなかったようです・・・。

MOANAさんはじめ、みなさまには、心配ばかりかけてしまいました。
今は、まだ完全に元気とは言えませんが、
意識的に、元気になろうとしているところです。
暖かいメッセージ、うれしかったです。

>私も既に3人を見送っていますので、身内を失う辛さや
悲しさは痛いほど理解しています。

そうだったのですね・・・。
私は遠くに住む祖母との別れは経験していましたが、
母を、この歳で失うということは、思ってもみなかったことで・・・。
悲しみ、寂しさをどう乗り越えたらよいものか、いまだに思いあぐねています。

>身内と一言で言っても、Karenさんにとってお母様は
お手本であり太陽であり、本当にかけがえの無い存在
だったことと思います。

そうですね、まさに我が家の太陽でした。
遺影は私が撮ったもので、とても素敵な笑顔、綺麗と、
皆様に言って頂きました。
本当に、いい笑顔なんです。


>井上真改さん

どれほどの言葉を尽くしても、
Karenさんの心の穴をふさぐことはできないと思います。
また、喪失感を共有することも、
残念ながらできないのだと思います。

おっしゃられること、よくわかります。
これは時間がかかるもの、「日薬」という言葉があると、
友人のお母様からも教えていただきました。

>いつかお母様がKarenさんの心と一つになる瞬間がやってくるのだと思います。

そのときがくるまで、心ゆくまでお母様の思い出とともに、無理に感情を抑えることなく、
日々をすごしていただければと願うばかりです。

とても優しい言葉、ありがとうございます。
感情を無理に抑えなくてもよい・・・
そう言っていただけると、ほっとします。


>kaizokuouさん

メールも送っていただき、本当にありがとうございました。

お返事がこんなに遅れてしまって、
再びご心配をおかけしてしまいました。
申し訳ありません・・・。

>井上さんの言う通り、ここを訪れる人たちは
いつでもkarenさんのことを見守っていると
思いますので、何かあればいつでも遠慮なく
言って下さい。

ありがとうございます。
こうしてお待たせしているにも関わらず、
皆様がこの場所を覚えていてくださることが
なんてありがたいことだと、感謝しています。

投稿: Karen | 2009年3月17日 (火) 22時51分

>あさぼっちさん

>「喪に服す期間」は、遺族が悲しみを癒すためにあるそうです。
今は、たくさん悲しんでください。
そして、ゆっくりゆっくり癒してください。

ありがとうございます。
はい。たくさん悲しんで、泣いて、
ゆっくりと、焦らず、元気が戻るのを待ちます。
今回ばかりは、自分に甘くてもいいかなと思ってます。

>Karenさんがお母様に伝えられた「最後までとっておいた言葉」は、
これ以上のものは無いと断言できる、最高の贈り物だと思います。

このとき、病院に向かっている弟からも、
「お母さんにありがとうと伝えてほしい」とメールが来ました。
私が母にこの言葉を伝えたのとほぼ同時だったので、
あぁ、姉弟だな、と思いました。


>zukkoさん

>「お母さんがお母さんで本当によかった」というKarenさんの言葉に、
お母様もきっと「あなたが私の娘で本当によかった」と思いながら、
旅立たれてゆかれたと思います。

そう思ってもらえたら、こんなにうれしいことはないです。
親には心配ばかりかけてきた娘なのですが、
楽しい思い出が、いっぱいです。たくさん、笑いました。
今、またいろいろ思い出して、涙が出そうです。

本当に、生きていることは当たり前ではないんですよね・・・。
感謝して、生かされている限り、精一杯生きたいですね。


>あいみさん

>今はまだいろいろ気の張ることも多くていらっしゃるでしょうが、
Karenさん御自身も、くれぐれも御自愛下さいね。

心配いただき、ありがとうございます。

そうなんです、お参りに来て下さる方の応対や、
納骨の準備などで忙しかったのですが、
ひとりで家にいる時は、ぐっとさみしさが込み上げてきます。

体調管理は、今まで以上に気をつけるようにしますね。
睡眠をしっかりとるのが、今の課題です。
今日はウォーキングをしたので、よく眠れそうです。


>sarasannさん

>お母さまとの最期の時間を一緒に過ごせたこと、きっと、良かったことだと思います。

ありがとうございます。

家族で交替で看ていたので、最期に間に合わないことも覚悟しないといけない、
と思っていたのですが、母に、看取らせていただく機会を与えてもらいました。
感謝です。


>なるみさん

>生きていれば別れはつきものです。
それがいつくるか、わからないから本当に怖いです。

本当にそうですね・・・。

おじい様とのお別れ、辛かったですね。
(私は、私が生まれる前に祖父が亡くなっていました)
今まで元気だったひとが、いなくなってしまう、
もう会えなくなる・・・
こんなに苦しいことって、ないですよね。

親が、父ひとりになってしまったので、父を大事にしよう、
結婚したら、旦那さんの親を大事にしよう、とすごく思います。
もう私の母は、いなくなってしまったので・・・。


>まきじんさん

>こうやって、思いを綴られる事がお母様が沢山の愛情を注いでこられた、
そういう生き方をされてきた証だと思います。

ありがとうございます。
こんなに感情的で、まとまりのない文章なのに、
そのように言っていただくと、書いたことに意味があると思えます。

>私の人生最大の恩師を癌で失い‥七年。
未だに受け入れられないです。

そうだったのですか・・・。
実は私も、人生最大の恩師が、乳がんで亡くなりました。
本当に、がんという病気は嫌ですね。
本人はもちろん、家族、周りの人も傷つけていきますから。
闘病中も、亡くなった後も。

>どう生きるかはどう終えるか

母の生きざまは、本当に素晴らしかったと、
胸を張って言えます。
告別式のときも、そういう気持ちで、
背筋を伸ばして、遺影を持っていました。
私もしっかりと生きていきたいです。

投稿: Karen | 2009年3月17日 (火) 22時53分

>四つ葉さん

>そして、この11年を気丈に生きることで
Karenさんに様々なことを伝えていらした
お母様の気持ちを考えると、胸が詰まります。

病院で明るくふるまっていた姿や、
本当は辛いのに見せないようにしていた様子などを思い返すと、
胸がいっぱいになります。
昨日のことのようなんですよね・・・。
今も、笑って歩いてきそうです。

>泣きたいときには泣いて下さいね。
そして、時間をかけてゆっくりと悲しみを癒して下さい。
無理はなさらずに。。。

はい、ありがとうございます。
今現在も、泣いてます。
泣きたいときは、けっこう自由に泣いてます。
お風呂の中でも、洗い物をしていても、人と話をしていても。
涙って、泣いても泣いても、出てくるんですね。


>チェリーママさん

>私も12年前に父を亡くし、その時に普通の平凡な日々のありがたさを痛感したのを思い出しました。

そうだったのですか・・・お父様を亡くされていらっしゃったのですね。
辛かったですよね・・・。

>何を見ても、何をしてても思い出し涙していました。

今、まさにその状態です。
全部、母に繋げてしまう、繋がってしまうんです。

例えば生前、お互いの部屋のベランダから、それぞれの洗濯物を干すたびに、
「あら~奥さん」って、「奥様ごっこ」をしていたんですね。
そう言いながら笑っていた母の姿を、洗濯物を干すたびに思い出します。

テレビで「桜開花予想」のニュースを見ると、
「お母さんが大好きだった桜の季節なのか・・・
去年、一緒に千鳥ヶ淵に行ったなぁ」って思い出したり。
これは、自然なことで、仕方がないのですよね。

本当に、普通の、平凡な日々が、どんなに幸せか。
「普通が一番難しいんだよ」と、生前母も言ってました。


>3/12にコメントを下さった方

ありがとうございます。
そんなに強くはないんです。
こんなに自分は弱いのかと、今回驚きました。

投稿: Karen | 2009年3月17日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TSUTAYAでいい買い物をしました | トップページ | 初めてのお彼岸 »