« What's in common between Krispy Kreme Doughnuts and H&M (in Japan)? | トップページ | いちょう並木 »

起きていることはすべて正しい

勝間和代さんの新刊、「起きていることはすべて正しい 運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」は、何度も読み返して、一度きりの人生について考えるベースにしたい本です。年末年始の静かな時間など、じっくり自分と向き合うときに抱える本のひとつになりそうです。

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

本のタイトルは勝間さんの座右の銘で、「いま起きていることを否定したり、こうだったらいいなあと夢想しても仕方がない。それよりは、起きていることから、何を学び取り、どのように行動すれば、いま一瞬のこの時間を最大に活用できるか」ということですshine

運を実力に変えることは、誰もが習慣と訓練で可能で、運を良くするのは「技術」だと言い切る勝間さん。その技術を具体的に紹介しているわけですが、なにしろボリュームがすごい。
やはり、年末年始用ですか?勝間さん?

いくつか、強く響いた部分を引用してみますと・・・
□うれしがりすぎない、悲しがりすぎない。目の前の結果に振り回されすぎないようにする。悪いことがあるときは、メンタル筋力を鍛えるものすごくいいチャンス。

□すでに自分が時間を使ってしまっていることでも、どうもその結果が思わしくなさそうであれば、積極的にやめてみるのも大事。常に、これまで使ったコストではなく、これからかかるコストを見て、早め、早めに対応しておく。

□どうやったらストレスを溜めないでいられるのか?それは、「自分がしたくないことはしない」。そして、どうやったら自分がしたくないことをしないようになれるのか、を人生の目標のひとつとして大きく掲げればいい。


□「私は英語が苦手だから」と人に説明していたら、本当に苦手になった。潜在意識のせいだと気づいてからは、自分で自分のことを否定したり、苦手意識を持つことをやめようと決意。

□「積極思考」とは、受け身のまま流されるのではなく、自主的に物事を決めていって、将来のパスを自ら切り拓いていくようなイメージ。自分が影響力を与えられる範囲において、周りからいい物を積極的に吸収していき、逆に批判をしても仕方がないことには、そこにわざわざエネルギーを使わない。

□無駄な努力も無駄の一部。何を目標に努力をしようという、努力のかけ方が重要。三毒追放(妬まない、怒らない、愚痴らない)を実践すると、潜在意識の中で、自然と上手に適切な努力を促してくれる。

□平均的な寿命はほぼ平等。違うのは、その時間ごとの濃度。毎日なるべく、リスクを取らないようにして、与えられたことだけをやっていたら、今日は昨日の、そして昨日は一昨日のコピー&ペースト。自分の中に新しい経験が増えない。

□即断即決法が自然に身についている人は、決断の回数そのものが大変多い。

などなど。多すぎますか?これでも、厳選しました。

それから、この本はある意味、「少子化対策本」かもしれないです。勝間さんいわく、結婚したり、出産したりすると、予想もしないことが起こるので、対処していくうちに経験値があがり、メンタル筋力を鍛えるのに、とてもいいきっかけになるそうです。「もちろん、仕事でも同じような経験値が上がってくるのですが、できれば仕事と家庭と両方あると、また別種の経験が広がるため、新しい気づきやメンタル筋力が生まれやすく」(pp.51-52)なるそうです。
どんなパワーアップした自分に出会えるのか、楽しみになりますapple

あとがきの、「実は・・・」という話(pp.323-324)を読むと、不運な状況をいかに幸運に変えてこられたのかがわかります。え、そんなことが?と思いました。

読み終えて、変えられないことや、負の発想にエネルギーを使うのはもったいない!と、再確認。そんな暇があったら、この本を手に取り、毎日を、人生を良くすることにエネルギーを注ぎたいものです。以前
こちら で紹介しましたが、本はパラパラ眺めるだけでもいいので、毎日1か月間は、「染み込むまで」読み続けるのがいいそうですbook

今回もお風呂で読んだので、表紙がふにゃふにゃになってしまいました。コーティング加工がされていない紙なので、特に。これから何度も読み返すとなると、いったいどうなるのか・・・。(お風呂で本を読んでる方、どうしていますか?)

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ 

|

« What's in common between Krispy Kreme Doughnuts and H&M (in Japan)? | トップページ | いちょう並木 »

コメント

Karenさん、こんにちは(^^)

勝間和代さんの本は読んだことは無いのですが、抜粋された
上記の内容にズキズキと頭が痛いですわ~(^^;)

運気を上げるのも不運に見舞われるのも、全て自らの思考と
行動次第というわけですね。
頭では理解していても、とりわけプラス思考を維持する
というのは案外難しいものです。

人間、物事を良い方に捉えるよりネガティブに考えることが
楽なので、そちらに流れがちらしいですね。
私もネガティブ思考が強いので、メンタル面を鍛えなくてはと
思いますが、希望程度ではなく強い野望でも無い限り簡単には
いきそうにないですね~・・(^^;)

でも、過去に幾度か明確な強い目標を持った時に実現した
ことを思うと、やはり「言霊」や「強く念じれば叶う」という
ように、強い意識は自然と自分を必要な行動に駆り立てる
のではないかと思いますね。

私も勝間さんの本を買って、正月にでもゆっくり読もうかしら★

投稿: MOANA | 2008年12月 3日 (水) 16時27分

Karenさん
こんばんわ!
Karenさんも3軒本屋さん まわったのですか?
私も3軒まわって無くて電車に乗って
大型書店にいき、やっと入手でした。
地域柄、ないとこもあるんですねえ。
色々読んでいると 勝間さんはラッキーだったの
では無く、アンラッキーな事が結構多く、
それがあったからこそ 強くなってこられたんだと
よーく 解りました。
特に結婚されて 子供ができた事で
”母は強し”になられたようですね。。。。
自分はというと、、なかなかそれは。。。
なんですが。wobbly

投稿: ゆうぴょん | 2008年12月 3日 (水) 17時02分

Karenさん、こんにちは。

昨日、家に届いたものの、寝る前に読み始めたので、意識的に第1章でストップしました。
また知恵熱が出そうなくらいボリュームたっぷりなのと、
慌てて読むのがもったいない気がして…。
Karenさんの仰るように、
>じっくり自分と向き合うときに抱える本のひとつになりそう
ですよね!
ちょうど、「打たれ弱すぎる自分をどうしたものか(汗)」と悩んでいたタイミングだったので、
よく噛んでじっくり消化したいと思います。

投稿: あさぼっち | 2008年12月 3日 (水) 17時16分

Karenさん、こんばんはnight
Karenさんが厳選された強く響いたところ。
>多すぎますか?

いえいえ、多くないです!
選ぶのも苦労する今回も盛りだくさん、
目鱗満載でした!!
メンタルに重点を置かれ、
本書を知ることで今よりももっと良い変化が起きるように・・・。
というメッセージ。
元気になれますね。

4つの技術をうまく活用して
運を切り開いていく、なかなか出来ませんが
素直に、人が喜ぶ顔が見たいと思うとか
実行することで周りにも良い影響を
与えるだろうと感じるとか。
きっと、勝間さんは本当に素直な方なんだと思います。

年を重ねるごとにそんな女性を目指したいですね♪♪

投稿: yumi | 2008年12月 3日 (水) 18時48分

>MOANAさん

こんばんは!
抜粋は、あくまでも私のフィルターをかけてのものなので、
他にもインパクトのある言葉満載でした!

「人間、物事を良い方に捉えるよりネガティブに考えることが楽なので、そちらに流れがちらしいですね」
そうみたいですね。私もどこかで読みました。本能的に、リスクを避けようと、新しいことを行わず現状維持をすべく、マイナス思考になるそうです。なので、意識的にプラスの方向に持っていかないといけない、と。

「やはり「言霊」や「強く念じれば叶う」というように、強い意識は自然と自分を必要な行動に駆り立てるのではないかと思いますね」
その通りだと思います!
意識をすることで、情報に対するアンテナがきちんと張れるようになって、
日々の選択が変わってきますし、その積み重ねの結果、人生も変わると思います。
勝間さんも、潜在意識の力は大きいと語ってます☆

この本は読みごたえがあるので、よかったらぜひ♪
私たちには年末年始、大きなタスク(=DVD元旦発売)が待ち構えておりますが、
私はどちらも堪能するつもりですscissors

投稿: Karen | 2008年12月 3日 (水) 20時11分

>ゆうぴょんさん

こんばんは!

そうなんです、発売日当日、地元の大手チェーンの本屋さんを2軒まわっても置いていなくて、翌日出直してやっと、別の駅のお店で購入しました。「きっと書店もはりきって、初日から在庫入れているだろう」と思いこんでいたので、ちょっとびっくりです。今回ディスカヴァーではなく、ダイヤモンド社なのに・・・。

おっしゃるように、勝間さんは、普通の人ならへこたれるようなことに、へこたれなかった。
とにかく、ねばった。ありとあらゆる経験から、たとえそれが辛いものでも、学んで経験値を上げてきた。言葉が適切かわかりませんが、その「貪欲さ」が運を切り開いてきたのだなぁと思います。賢く+貪欲に+ねばり強くshine(もちろん、思いやりをもって)

「母は強し」、なかなかそれは・・・なのですか?
ゆうぴょんさん、とっても強そうですよ!
(もちろん、いい意味で♪)

投稿: Karen | 2008年12月 3日 (水) 20時23分

>あさぼっちさん

こんばんはー!

「慌てて読むのがもったいない」
わかります♪私もお風呂2日分に分けて、読みましたから☆

私も、こうみえて(?)弱いというか(えーっと、笑わないでください)、
最近へこむことが重なっていたんです。そこへ勝間本の新作。
しかもメンタル筋力を鍛える本。
あぁ、なんていいタイミング、私は運がいい!と思いましたhappy01

お互いせっせと読んで、どんどん吸収していきましょう!
そして、年末年始には、「あれ?私、覚醒しちゃった?」くらいになっちゃいましょうscissors

投稿: Karen | 2008年12月 3日 (水) 20時30分

>yumiさん

こんばんは!
お互いのブログで、今回も感想のシェアができて、うれしいですshine

そうなんですよー、選ぶのが大変でした!
もっとがーーーっと引用していたのですが、けっこう削ってますsweat01

何回か読み込むうちに、最初に読んだときには見逃がしてたポイントがあるかもしれないな、と思います。また気づいたらブログに書くのも、あり、ですよね?

「素直に、人が喜ぶ顔が見たいと思うとか
実行することで周りにも良い影響を与えるだろうと感じるとか。
きっと、勝間さんは本当に素直な方なんだと思います」
うー、沁みます、yumiさんの言葉shine
基本はそこですよね。見習わないと!ですね。
私も原点に戻って素直な気持ちで、今日もお風呂に、このオレンジの本を持ちこみます☆

投稿: Karen | 2008年12月 3日 (水) 20時41分

yumiさんが感想を書かれ、karenさんも感想を書かれ、
それに触発された私もようやく感想みたいなものを書いてみました。
私は読み終わるのに、お風呂の中3回かかりました。
一度のぼせかけたこともあります。

karenさんと共通する部分としては、
無駄な努力も無駄の一部
が私も印象的でした。というより、ぐさりと私の心を刺しました。
そして、まじめな書評のほうにはそのことを中心として書きました。

いつもの僕のブログのほうの記事は、
yumiさんやkarenさんも登場する記事になっているので、
よければご覧ください。
アドレスは下記に記しておきます。

それでは、またブログ更新されることを楽しみにしています。

http://sijiro.13.dtiblog.com/blog-entry-473.html

シジロ

投稿: シジロ | 2008年12月 5日 (金) 11時41分

>シジロさん

こんばんは!

美しい感想、ただいま読ませていただきました。
シジロさんの記事を読むと、己の文章力を上達しなくては!という想いにいつもかられます。
私のブログを取り上げていただき、ありがとうございましたshine

「無駄な努力も無駄の一部」
は、おっしゃる通り、「ぐさっとくる」名言ですよね。
本当に大事なところにリソースを注ぐべきですよね。
人生一度きりですから。
三毒追放とともに、意識に深ーーく入っていきそうです。

お風呂でののぼせには、ご注意くださいね!
私は入る前にお水を飲み、コップも持ち込み、温度はぬるめの38-39度です。
出たあと、またお水を飲みます。
って、シジロさんのほうがご専門なので、詳しいと思いますが・・・。

投稿: Karen | 2008年12月 5日 (金) 22時35分

「私は英語が苦手だから」と人に説明していたら、本当に苦手になった・・・このくだりはマロンには耳が痛いですっcoldsweats01いろいろと考え方を改めてより良い人生にしなきゃね~dog

投稿: まろん | 2008年12月13日 (土) 23時16分

>まろんさん

私はこの↑言葉を「数学・化学」に置き換えると、耳が痛いです・・・。

これからも、お互いによい情報の交換を、よろしくお願いしますhappy01

投稿: Karen | 2008年12月15日 (月) 20時07分

Karenさん、こんばんは。

はじめまして、haruといいます。
kaizokuouさんのブログから来ました。

私も、勝間さんにハマってます(笑)。自分が勝間さんの本を読む速度より、勝間さんの出版のペースの方が早いので、なかなか追いつけません。

それでも、まずは、講演会やセミナーで、サイン本を頂いて帰り、積読しております。

12/16(火)は、紀伊国屋書店で勝間さんの講演があり、楽しみです。

また、寄らせてください。
今日は、ありがとうございました。

投稿: haru(ハル) | 2008年12月16日 (火) 00時39分

こんにちは、florenceと言います。
シジロさんのところから遊びにきました。

この本、まさに引用したいところだらけ、心に響く箇所が随所にありましたね。
それでいて、手に取るときによって目に止まるところが違うような、そんな気もします。

お風呂での読書対策、私も困っています。
今のところ、コーティング加工がされたものを読むといった
消極的な方法を取っています。

投稿: florence | 2008年12月16日 (火) 00時44分

>haru(ハル)さん

こんばんは!はじめまして!
あの、体作りマイスターさんのブログから来ていただいたのですね~
ありがとうございますhappy01
体作り繋がりですか?
あ、カツマーつながりなのですね!

そうですね、この秋冬の出版ラッシュは、すごかったですね~
今回のオレンジの本も、相当厚いですし、「おぉ!」という内容のところではゆっくり読んだりするので、時間はかかりますよね。
こちらにも来ていただいているシジロさんは、お風呂で読んでのぼせかけたとか・・・。
命がけですね!

今日は今頃、紀伊国屋ですね~うらやましい!
ブログにアップされることを期待して、(あまり、プレッシャーには思わないでください)
落ち着いたころ、お邪魔させていただきますね♪

投稿: Karen | 2008年12月16日 (火) 20時11分

>florenceさん

はじめまして!こんばんはー。
シジロ先輩のところから来ていただいたとのこと。ありがとうございますshine
florenceさん、とても美しいお名前ですね♪

「手に取るときによって目に止まるところが違うような、そんな気もします」
ほんとうに、その通りですよね!
不思議ですが、最初にはスルーしていた部分が、読み返してみると目にパッと飛び込んできたり。そこで気づいたことを、「感想その2」のように、また書いておいてもいいかなーなんて思います。

florenceさんもお風呂読書の会に入っていらっしゃるのですね☆
コーティング加工の本というと、勝間本でいうと、読書進化論、日本を変えよう、グーグル化、あたりはOKですね。
オレンジの本は、だいぶ、ふにゃふにゃになってきました~
これを持ってサイン会には行けないですsweat01

投稿: Karen | 2008年12月16日 (火) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« What's in common between Krispy Kreme Doughnuts and H&M (in Japan)? | トップページ | いちょう並木 »