« Supermarket | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »

Scarlett×2

今週末、久しぶりに映画を観に行きました。しかも、2本。私がクマにキレた理由(わけ)と、「ブーリン家の姉妹」。どちらも、スカーレット・ヨハンソンが出ています。たまたま観たいなぁと思っていた映画だったので、偶然です。

「私がクマに・・・」は、原題が
THE NANNY DIARIESなのですが、そのままのほうがしっくりくるような気が(私は)しました。「クマって何だろう?」と思っていて、ああ、そういうことだったのか!と、かなり後半でわかります。ネタばれなので、言いませんが。

主人公は、大学で経営学と文化人類学を学んで、卒業したばかり。ふとしたきっかけで、アッパー・イーストに住むセレブ家庭のナニー(住み込みの子育て係)になります。そこで「文化人類学的」に、フィールドワーク・人間観察・分析をするのですが、私も文化人類学専攻だったので、専門用語の使い方や最初の博物館のシーンなど、なつかしくて、おかしかったですhappy01

コメディということでしたが、予想外の、泣けるシーンもありました。子役の男の子がかわいくて、あの瞳には泣かせられました。(映画で泣いたのは、すごく久しぶり)

New YorkのCentral Parkや
アメリカ自然史博物館などがロケ地として使われていて、New Yorkが、すごくすてきな街に見えます!行ったことないのですが、実際どうなのかな?映画は、とことん綺麗に見せますからね~

この映画、今年観たなかで一番おもしろかったかも!本当の幸せってなんだろう?ということも考えさせられますしshine
なので、たくさんの人にオススメしたいのですが、残念ながら都内では、今週の金曜日で終わってしまうようです・・・。他の地域では、上映しているところが少ないかもしれません。
もったいないなぁ、いい映画なのに。


ブーリン家の姉妹は、対象的に、重ーい、映画でした。同じスカーレットでも、印象が全く違います。髪の色、時代背景もありますが、内容が・・・。アン・ブーリンの時代など、イギリス史を復習したくなって、書店に駆け込みました。映画の世界と現実を、行ったり来たり・・・まだ余韻が続いています。ちなみに、私が行った映画館では、満席でした。こちらの感想は、また後ほど!

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ

|

« Supermarket | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »

コメント

Karenさん、こんばんは。
映画、いいですねぇhappy02
私はどちらも観ていませんが、原題と邦題とのギャップは、どーしたもんだか…と常々思っております。ハイ。

ちなみに、私が今、とっても観たいのが
「マルタのやさしい刺繍」http://www.alcine-terran.com/maruta/
という映画です。
限られた劇場でしか観られないので、私はDVDが出るのを待つことにしました…。
とってもとってもイイ!らしいので、もしご都合が合えば、ぜひhappy01

投稿: あさぼっち | 2008年11月 4日 (火) 23時05分

>あさぼっちさん

こんばんは~
お返事遅くなってごめんなさい!

映画は、ほんと大好きなんです。今年はそんなに観に行ってないのですが。。。

あさぼっちさんオススメの映画、予告を観ましたが、とってもおもしろそう!!
ミニシアター系なんですね。最近ハリウッドのchick movie
http://happykaren.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/tokyo_movie_exp_1.html
ばかりでしたが、久しぶりに心温まる、かわいい映画が見たくなりました♪

ということで、この映画、観に行くことにしました!

投稿: Karen | 2008年11月 8日 (土) 21時05分

最近、全くもって映画とは無縁の生活のマロンだけど近いうちに観に行きたくなりました~。スカーレットは真珠の耳飾りの少女のときに素朴で綺麗な子だなあ・・なんて思ってましたdog

投稿: まろん | 2008年11月24日 (月) 13時59分

>まろんさん

そう、スカーレットは「真珠の耳飾りの少女」が、すごく印象に残りますよね!
肌が透き通るように白くて、唇がぽってりしていて。
「ロスト・イン・トランスレーション」にも出てますよー。

投稿: Karen | 2008年11月25日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Supermarket | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »