« 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan 講演会+サイン会 | トップページ | Supermarket »

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan 講演会+サイン会続き

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan 講演会+サイン会のまとめ、前回のエントリーの続きですsun

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

貧困・格差問題の解決に向けて

日本の相対的貧困の割合は、15.3%、7軒に1軒です。その原因は、年齢別賃金格差から来ています。日本の世帯年収の平均は、476万円で、これを2で割ると238万円ですね。それ以下がいわゆる貧困世帯です。欧米は、この貧困世帯の割合を10%以下に抑えようという政策をとっています。格差の継承というのは、教育費にあるんですね。貧困のために、教育費が出せない、進学できない。それぞれの能力ではなく、自分の生まれにおいて貧困・格差が生まれてしまう、ということです。

実は、終身雇用制度がすべてのボトルネックではないか、というのが、ここ5年くらいで達した結論です。雇用の流動性がないので、女性が退職しても復職する道が狭かったり、男性正社員重視の施策が継続されがちです。でも、これからもそれでいいのか?ということです。

ポスト資本主義への模索

アメリカ型市場主義、インセンティブ体系が万全でないことは、すでに証明ずみです。サブプライム・ローンの問題がありますよね。ヨーロッパ型を目指すには、リーダーシップが欠如している。これはどういうことかというと、日本の文化的背景になじまないんです。ヨーロッパというのは、クラスが分かれていて、クラスによって、振り分けられています。Noblesse obligeといった精神を、上の階級の人たちは持っています。オランダに住んでいる酒井穣さんに聞いたのですが、企業のトップも、プロテスタント精神に基づいて、人道的立場で意思決定するそうなんです。トップダウンですから、機能するわけです。では、日本型をどこにもっていくのか?これについては、まだ解は見つけてはいません。

Chabo!


Chabo! をやっていますが、なぜ南部スーダンとわざわざ書いているかというと、北部スーダンと内戦状態にあって、全く違う国のようだからです。北部スーダンはアラブ系で、普通に豊かな国、中堅国です。北部が支配してますので、南部にはインフラが整備されないわけです。

どうして教育が必要なのかと言うと、教育することで文字が読めるようになります。文字が読めると車の免許が取れます。運転ができると、タクシードライバーとして、エジプトなどで働くことができます。行こうと思えば、大学にも行けるようになったりします。

まとめ

日本が抱える問題は環境問題に近いです。価値観を転換して、一人一人が、できることを地道にやっていく必要があります。変えていこうという空気を作っていくために、「格差是正はできる人の義務」「男女共同参画が競争力を増す」「社会貢献は自然なこと」といったことを言い続けるしかないですね。でも、続けないといけないわけですから、無理は良くないです。「勝間和代とみんなで日本を変えた」というような本を出せるといいな、と思っています。

質疑応答(の一部です。印象に残ったものをピックアップしました)

質問
(男性)今日のお話で、女性は長期的にものを見られるとおっしゃっていましたが、私の職場では、長期的に職場や経営を良くしていこうという割合は、男性が多いんです。男女比は半々くらいで、女性のための制度も整っている方だと思います。どのように女性のやる気を引き出すべきでしょうか?

勝間さん
まずお聞きしたいのですが、管理職の割合は?(質問された方「圧倒的に、男性が多いですね」)

職場の男女比が5:5なのに、管理職の女性が少ない。これではやる気は出ませんよねー。私は「ベルサッサ」と呼んでいるのですが、管理職が男性ばかりですと、女性は「じゃあ、定時で帰ってお花でも習おうか」となる。女性を意思決定の場に組み入れないといけないんです。女性に対するインセンティブ体系を組み立てるべきです。女性管理職をふやすこと、それが解決法ですね。

質問
(女性)勝間さんは英語の必要性を語っていらっしゃいます。私は海外でマスターをとっていて、外資系企業に勤務しているのですが、帰国子女の同僚と比べると、どうしても英語力がおとります。例えば中国語など、他の言語を習得するというのはいかがでしょうか?

勝間さん
英語力をつけるということは、情報を得るためなんですね。日本の情報は、世界の情報が日本に入ってくるときに、スクリーニングがかかっている。たとえば、OECDの資料も、日本語版はあるんですが、抜粋なんです。なので、そういった資料を読もうと思ったら、英語ができないといけない。

日本人の95%は英語に自信がない、というアンケート結果がありまして、この自信がある5%という数字をあげていったほうがいいと思っています。それから、他の言語を学んでいくのがいいのではないかと。

帰国子女でbilingualの場合、高校・大学までの単語力なので、単語レベルが幼いようなんです。知り合いいのbilingualに聞いた話ですが、日経短観が読めないと。大人になるまで日本語力をしっかりつけて、それから英語というほうが、単語レベルという点でいいんじゃないかと思います。

質問
(男性)
以前勝間さんのセミナーに参加させてもらったときに、目標を予定にする、とおっしゃっていました。男女共同参画という目標の達成期間は?また、家族政策費を増やそうというお話がありましたが、日本の税負担は高いと思われますか?

ジェンダー・エンパワーメント指数(GEM)の順位を、毎年5位ずつ上げる、ということですね。(現在54位)議員の数を増やす、女性管理職の数を増やすことで、順位は上げられると思います。女性管理職については、女性の教育が必要なんです。私は商学部出身で、当時は女子がとても少なかったのですが、今は商学部や経済系の学部に、女子が増えてきているそうなんです。なので、数が増えているために、自然に変わっていくと思います。それから、空気を変えていくことですね。

日本の税負担が高いかどうか、という点については、低いほうだと思います。4割くらいです。私が教育費を上げようと言っているのは、教育にお金をかけると、子供が将来納税者になるので、リターンが高いからです。財源は、直接税ではなく、消費税がいいと思います。所得税ですと、高齢者はもうリタイアしているので。お金持ちのご老人にお金を使っていただこう、というわけです。(会場笑)


****************************

質疑応答は、勝間さんの本領発揮という感じで、毎回楽しみにしているのですが、今回もおもしろかったです。どんな質問がくるかわからないのに、その場で的確に答えられる勝間さん、すばらしいな、と改めて思います。頭を使う時間と質が、圧倒的に違うのでしょうね。私も、なんとかキレのある答えを出せるように(どこで?誰に?)、トレーニングをしていきたいと、刺激を受けましたshine

2番目の質問は、全くその通り!と、自分の守備範囲なので、特に前のめりで聴いてましたね~私は、「英語はOS」だと思っています(どこかで読んだ気がするのですが、どの本かは忘れてしまいました・・・)。

勝間さんにサインをお願いした本、以前書いたように ページを折りすぎたものをお出しすることにsweat01「すみません、なんだかたくさん折ってしまって~」と申し上げたら、「読んで頂いて、うれしいです!」とおっしゃって頂きましたbook


ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ

|

« 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan 講演会+サイン会 | トップページ | Supermarket »

コメント

Karenさん

ご無沙汰しています!
トークショーの詳細をシェアしていただき、ありがとうございます!
いつも思うのですが、本当に細かいところまでよく書いていらっしゃいますよね。
自分ではこうはいかないので、感謝と同時に尊敬していますlovely

”日本を変えよう”を読み終えて、今回のトークショーの内容を拝見しましたが、勝間さんが本気で日本を変えるために、自分ができることから地道に(といってもとてつもない影響力を持ちつつありますが)活動をしているのだと感じました。

今回の本を読んで、正直男性の自分としては、耳の痛い話が多かったです。そして、意識が足りなかったと思うところも多分にありました。
家事の分担、女性の差別、誤ったフェミニズムなどなど・・・。
女性にとって、選択肢の多い時代になったということは間違いのない事実だと思うのですが、やはり男性主導の社会構造の中で、男性・女性を問わず、気づかないうちに暗黙の了解のようなすみわけや役割分担がされているのではないかということに、自発的に認識をしなくてはいけないのではないかと思いました。

資本主義の有り様については、学生時代にエジプトや中国で見た、厳しい生活を強いられている人たちの様子が忘れられず、個人的にはなにかできることがあればと思っています。

私自身、以前は環境問題の解決を目指して研究活動をしていましたが、”人類”や”世界”といった、耳に心地よい、そして格好のいい言葉を多用して、自分のやっていることを目標だと信じていました。
しかし、研究を続けていくうちに、自分にできることの限界を知り、自分の手の届く範囲の人、まずは自分の身内や友人、そして妻を守れるようになろうと、社会的な基盤を築くために就職をしました。
そしてようやく、生活もどうにか安定し、豊かではないにせよ、自分の食べるもの、そして勉強に困らない環境をつくったところで、ボランティア活動に取り組むことにしました。
英語力のない私ですが、好きなことで貢献したい、また社会貢献に役立てるほどの資金力も組織力も持ち合わせていないので、自分の労働力を提供するということで、英語の翻訳ボランティアをしています。
まだ3ヶ月ほどですが、何件かの仕事をこなしました。

勝間さん以外に、原丈人さんの影響を受けたことも大きいと思っています。

資本主義の恩恵に早くからあずかっていた日本を含む先進国は、どれだけの人たちの生活と命の犠牲の上に成り立っているかを知らなければいけませんが、それを実感することは難しいと思います。
原丈人さんは、ベンチャーキャピタルを通じて、途上国が自立できる事業の立ち上げ、そしてその事業に日本人の若者を参画させること、そして日本人だからこそできる世界への貢献を目指しています。

各人によって、できることの範囲や内容は異なると思います。
ただ、勝間さんのようなマスに対して影響力のある方の言動に賛同して、それぞれが同じベクトルに向かって動き始めたときに、日本は日本そのものを変えると同時に、世界に対しても力を発揮できる存在になるかもしれませんね。

散文になってしまいましたが、Karenさんのシェアのおかげで、また新たな刺激を受けることができて感謝しています。

ありがとうございました!!

投稿: 井上靖志 | 2008年10月26日 (日) 22時20分

Karenさん、こんばんは。
お忙しいのに、まとめ記事その2のup、ありがとうございます☆
その後、お体の具合はいかがでしょうか?
質疑応答のやりとり、やっぱり勝間さんはスゴイですね。
「考えながらしゃべるのは、普段の考える量が少ないからだ」
と夫によくお叱りを受けるので(汗)、
改めて勝間さんの脳みそさんは働き者だなぁと思いました。
>英語はOS
英語を使いこなせない私ですが、分かります!
年相応で知的な英語を使えるようになるのが最終目標です☆

投稿: あさぼっち | 2008年10月28日 (火) 21時38分

>井上靖志さん

もしかして、あの、井上さんでしょうか?
下のお名前がいつもと違っておりましたが。。。

とても示唆に富んだ、熱いコメントをありがとうございます。感動いたしました!お返事が大変遅くなり、申し訳ありませんでした。

「正直男性の自分としては、耳の痛い話が多かったです。そして、意識が足りなかったと思うところも多分にありました」

男性のご意見もぜひ聞いてみたかったので、率直な感想、ありがとうございます!アメリカの社会学のクラスで取り上げられたのが、White Privilege: Unpacking the Invisible Backpack という記事です。白人でいることの特権は目に見えないけれど、存在する、社会は白人を基準に作られ機能している、という内容です。http://www.rastafarispeaks.com/repatriation/index.cgi?noframes;read=33358
この文章に対する白人のクラスメイトの反響は大きかったです。「気が付かなかった。そうだったんだ」というように。女性差別と同じような構造なので、勝間さんの本も、男性の意識に働きかけるのでは?と思います。

「研究を続けていくうちに、自分にできることの限界を知り、自分の手の届く範囲の人、まずは自分の身内や友人、そして妻を守れるようになろうと、社会的な基盤を築くために就職をしました」

奥様、お幸せですね!すてきです。
「できることの限界」、おっしゃっていること、わかる気がします。私もかつて、国際協力の仕事がしたいと、大きいことを考えていました。でも、まずは家族、周りの人をサポートする、それができなくて世界の貧しい人なんて救えない!と思うようになりました。

社会貢献活動は、日々の生活を安定させたうえで、できることから始めて、長く続けられるようにしたいですね。勝間さんも、Chabo!など、様々な提案をされてますよね。英語のボランティアもされているのですね!素晴らしいと思いますshine
私も、市役所に登録して、翻訳のボランティアをやったことがあります。

「勝間さんのようなマスに対して影響力のある方の言動に賛同して、それぞれが同じベクトルに向かって動き始めたときに、日本は日本そのものを変えると同時に、世界に対しても力を発揮できる存在になるかもしれませんね」
私もそう思います!

すばらしいご意見のシェア、本当にありがとうございました。ブログのリンクがなかったのですが、ブログにもアップされてはいかがでしょうか?
よかったら、また遊びに来てくださいね!

投稿: Karen | 2008年11月 1日 (土) 09時41分

>あさぼっちさん

おはようございます!
心配していただき、ありがとうございます(涙)。。。体調は、うーん。。。今日から3連休なので、なんとか戻るといいなと思っています。

質疑応答は、本当に勝間さんのスゴさが明らかになるので、ぜひ、あさぼっちさんにもリアルに体験していただきたいです!
私は毎回、質疑応答が、実は一番楽しみだったりするんです(笑)。

話をしながら、考えがまとまってきたり、相手との会話の中で、相手から刺激を受けたりトピックがぽんぽん変わってくるなかで、新たな気づき、発想が生まれたりすることってありますよね?なので、考えながら話をする、はアリだと思います♪It dependsですが。

投稿: Karen | 2008年11月 1日 (土) 09時52分

Karenさん

コメントありがとうございました!
名前がいつもと違っていました。
失礼しました・・・

White Privilege: Unpacking the Invisible Backpackについて教えていただき、ありがとうございます!

人種差別は、とってもナーバスな問題で、依然として暗黙の了解のような格差が形成されていることは間違いないのでしょうが、そこにあえて触れるような内容を授業で扱うところも、またアメリカらしいと感じました。

日本でもアイヌの人たちが差別されているという事実にどれだけの人たちが気づいているのでしょう・・・。

日本が単一民族であると信じて疑わなかったことに、教育や政治のやり方しだいで、自分たちが差別をしていることに気づくことすらできないという事実を学生時代に知り、とてもショックを受けたことがあります。

知らないでいるということは、とても怖いことですね。

貴重な情報、ありがとうございました!

投稿: 井上真改 | 2008年11月 4日 (火) 00時25分

引き続きまとめをサンクスです。勝間さんとお話しできて良かったねshineマロンの相方も参考になりますってありがとですdog

投稿: まろん | 2008年11月 8日 (土) 13時33分

>井上真改さん

こんばんは!コメレスにお返事、ありがとうございます☆すっかり遅くなって、ごめんなさい。

そうですね、どんな問題もまずは知ることからですよね。知っていると知らないとでは、大きな違い。その先は、ダライ・ラマの言葉"It is not enough to be compassionate. You must act" だと思います。

私が通っていた大学、というかその地域は、ほとんどが白人でしたので、思いっきりマイノリティ感を体験しました。人種差別もありました。日本にいる限り経験しないことで、「あぁ、差別される側って、こんな気持ちなのか」というのが理屈ではなく感情としてわかりました。貴重な経験です。

投稿: Karen | 2008年11月 8日 (土) 20時50分

>まろんさん

おぉ、相方さんも読んでくださっているのですか!うれしいです☆

勝間さんを拝見するのは4回めだったのですが、最初に行った昨年10月の講演会のときと比べて、とっても洗練されたと思いました。

投稿: Karen | 2008年11月 8日 (土) 20時53分

Kareさん、お久ぶりです。
相変わらず緻密な講演録感謝です。
動く勝間さん(笑)にお会いできるなんて羨ましい限りですが、臨場感いっぱいのブログを読めるのも幸せものです。
また、遊びにきます。
応援ポチッしときます(笑)!

投稿: hoshi-zora | 2008年11月10日 (月) 01時53分

>hoshi-zoraさん

おはようございます!
お返事がすっかり遅くなってごめんなさい+コメントありがとうございます♪

緻密なのは、実は頂いたレジュメをべた打ちして、それにメモで補足しているだけなんです(汗)。でも、質疑応答は、そのままメモから起こしてます。

hoshi-zoraさんはじめ、来られないみなさんにもよろこんで頂いて、よかったです!
また何かありましたら報告しますので、よかったら来てくださいね~

投稿: Karen | 2008年11月16日 (日) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan 講演会+サイン会 | トップページ | Supermarket »