« SATC | トップページ | 丸の内の牛と桜 »

効き目が強いので、注意が必要です 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan その1

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan、本日読み終わりました!
効果・効能:読むと、とてもすっきりします。もやっとした気持ちが、クリアになります。
勝間さんにありがとう!とお礼を言いたいです。特に、女性に効き目がありそうです。強く反応が出る方もいらっしゃると思うので、落ち着いてお読みくださいbook

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

私が
一番、「そう、そうsign01」と共感、ときにこみ上げる怒りを抑えながらページを折ったのは、「第1章若い人が暗い国」。どうして、弟と仕事や将来のことを話すと、必ず最後はくらーーくなってしまうのかが、あ!そういうことだったんだと、わかりました。

本を読んでいて、ここまで感情的になったのは、この本が初めてかもしれないです。今まで見ないようにしていた問題の背景が、勝間さんの言葉でこうして活字になり、浮き彫りになるというのは、予想以上に衝撃が大きかったのかもしれません。ページを折りすぎて、あまり意味ないんじゃないか?というくらい。

知らず知らず、なんだか生きにくいなぁと感じていたことが、この日本という国が抱える、社会構造の問題だったのです。漠然と、不公平感や憤りはあったものの、差別などないかようにひたすら「前向きに」生きてきたかもしれません。それは勝間さんの言葉を借りると、自己欺瞞(p142)。これでは、何を言っているのかわからないですよね?気になる方は、ぜひ、本書を手に取ってみてくださいapple

最後の「15の提言」は、「~しましょう」を「~します」、に置き換えると、まるで選挙の公報・公約のよう。すぐに出馬できますね、勝間さん!ちなみに選挙は、毎回欠かさず投票に行ってますhappy01

ああ、この本を、逃げ切り世代のうちの父にも読んでもらいたいなぁ(笑)。できれば、ある一定年齢以上の男性に、配布されないかな。選挙に行ったら、もれなくプレゼント、なーんて。
まずはリーチしないことには。知ってもらいたい・・・(切実)。

自然に訪れる世代交代の時期まで、私たちの体力やモチベーションが持つかどうか・・・。やはり、勝間さんが語っているように、ネットを中心に若い世代で情報交換+集合体を作って発言力を持つしかないのでしょうか。今まで、自分個人の問題を解決することにいっぱいいっぱいで、具体的に社会を変える方法までは、思い浮かびませんでした。

この記事のタイトルが「その1」なのは、週末ゆっくりと引用などしながら、改めて書いてみたいからです。本書にもあるような「長時間勤務」を余儀なくされているので、平日の更新は難しいですweep

これは粗削りのドラフトですが、正直な感想をささっとまとめてみました。じっくり書くより、この方法が案外、一番気持ちが出るのかもしれません。

コメントのお返事は、週末に必ずしますね~
ごめんなさい!

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple
にほんブログ村 英語ブログへ

|

« SATC | トップページ | 丸の内の牛と桜 »

コメント

Karenさん、おひさしぶりです!

そして、一週間以上おくれになりますが・・・お誕生日おめでとうございますwine

ゆうぴょんさんも読破されていましたが、Karenさんも早速読破されたのですね。

当初意識はしていなかったのですが、届いた本を開いた瞬間、これは女性が読んだほうが絶対に楽しめるな、と感じたのですが、うーん・・・気のせいでしょうか。


どの本で読んだか忘れてしまいましたが、今の日本は、「個人」の力がかつての日本以上に強くなっているのだとか。
それは、少し前の会社に頼ることができない、能力評価・成果主義に移行したときに、他人を頼ることも信用することもできなくなって、個人の能力を高めることになったとの分析でした。

結果的に、個人が勉強して自己啓発する、昨今の勉強ブームにつながって、知識レベルは上がったのでしょうが、組織としての力は結局落ちてしまった。。。

「不機嫌な職場」に限らず、いかに職場のコミュニケーションを活性化するのかを扱った本も、最近は多いですね。

そういう意味では、近しいネットワークだけでなく、インターネットを通じた、時間も空間も越えて、思想をぶつけ合えるコミュニティに活路を見出すというのは、面白い発想かもしれませんね。

読むのは週末になりそうですが、読破したら私も自分なりに感想をまとめてみたいと思います。

Karenさんの感想その2も楽しみにしています!

投稿: 井上真改 | 2008年9月30日 (火) 01時00分

Karenさん
こんばんわ!
Karenさんのブログもさっそく
勝間さんのブログで紹介されてましたね。
この本は本当に中身が濃くて スルーできない
ところが多く、何回も読み直したりしました。
女性は多くの方が共感できると思いますが
男性や逃げ切れる世代、保守性が強い方々
(人間は基本的には保守であるとは思いますが)
の反応も興味があるところです。

Karenさんもとてもお忙しそうですね。
私も山積みになってる事があるので
真面目にやらなあかんのですが
どうしても勝間さん本とか読みたく
てダメなんですよねー。
昨日も三省堂のサイン会が取れて
行ってきてしまいました。
ますます、美しいく 旬な勝間さんでしたよ。
ではでは お休みなさーい

投稿: ゆうぴょん | 2008年10月 2日 (木) 23時19分

>井上真改さん

おはようございます!
お返事がすっかり遅くなってしまって、ごめんなさい!
お祝いメッセージ、ありがとうございます☆うれしいです!

「個人の知識レベルは上がったのでしょうが、組織としての力は結局落ちてしまった。。。」うーん、やはり、そうなのですか。。。「不機嫌な職場」は、私も読みました。職場のコミュニケーション問題を扱った本が多いということは、それだけ人事担当者や社員が、問題を抱えているのですよね。私もそういった本はとても気になります。

最近は、「組織を伸ばす人、潰す人」を読みました。特に、p.125「皿回し」が蔓延する組織、の部分は、まさにうちの会社!という感じでした。上の方々に読んで頂きたい・・・http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%92%E4%BC%B8%E3%81%B0%E3%81%99%E4%BA%BA%E3%80%81%E6%BD%B0%E3%81%99%E4%BA%BA-%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%88%90%E9%95%B7%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E3%80%8D%E3%82%92ON%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%9D%A1%E4%BB%B6-%E6%9F%B4%E7%94%B0-%E5%8A%B1%E5%8F%B8/dp/4569659586

「近しいネットワークだけでなく、インターネットを通じた、時間も空間も越えて、思想をぶつけ合えるコミュニティに活路を見出すというのは、面白い発想かもしれませんね」
本当に、おっしゃる通りだと思います。井上さんにこうしてコメントして頂き、学べるのも、インターネットのおかげですね☆ありがたいです!井上さんの感想も、ぜひ読ませていただきたいです♪

投稿: Karen | 2008年10月 4日 (土) 11時19分

>ゆうぴょんさん

おはようございます!

おぉ!ゆうぴょんさん、三省堂に行かれたのですか?お忙しいなか、うまく時間を作られていますね!さすがです☆
私まだ、ゆうぴょんさん絶賛のGQ勝間さんも、チェックできていないんですよー。

そう、この本は「濃い」ですよね。本2-3冊分以上の内容はあるんじゃないか?というくらい。書評も時間がかかりそう!と思ったので、週末、「その2」で、ゆっくり感じたことをまとめたいなと思います。ゆうぴょんさんのブログにも、またお邪魔しますね~

今日はすごくいい天気ですねsun
体は疲れてはいるのですが、家でのんびりするのがもったいないので、これから出かけてきまーす!

投稿: Karen | 2008年10月 4日 (土) 11時28分

 お邪魔します。勝間和代公式ブログ:私的なことがらを記録しよう、を経由して参りました。
 大変お恥ずかしいのですが、
 「赤西仁って、だれ?」
 の齢四十、鹿児島の片田舎在住のオジサンなのですが、もっと気軽に英語のサイトを読めたらな~と思うこの頃です。
 拙ブログからリンクを貼らせて頂きました。
http://forcewith.synapse-blog.jp/8554/
 お見逃し願います。

 今後も楽しみに拝見します。よろしくお願いします。

投稿: ごろごろ | 2008年10月 5日 (日) 16時34分

>ごろごろさん

こんばんは、はじめまして。

そうですか、「赤西仁」は、まだそこまで名前が浸透していないのですね・・・。

英語のブログでお気に入りのものは、右サイドバーのLinksに入れてありますので、よかったら見に行ってみてください。ブログは英字新聞より短くて、比較的読みやすいと思います。

英語の勉強を現在されていらっしゃるのでしょうか?がんばってくださいね!


投稿: Karen | 2008年10月 5日 (日) 21時10分

Karenさん、こんにちは。
>ページを折りすぎて、あまり意味ないんじゃないか?というくらい。
思わず笑っちゃいました。
私も折りすぎて、本の厚みを増やしてしまったので(笑)

ホントは続きのほうにコメントさせていただこうと思っていたのですが…
と、続きをおねだりしてみました☆
今週末、といっても今日はまだ月曜ですが(汗)楽しみにしてますね♪
お仕事がんばってください!

投稿: あさぼっち | 2008年10月 6日 (月) 15時20分

>あさぼっちさん

こんにちは!応援、ありがとうございます!

あはは、あさぼっちさんも折りすぎて、本が厚くなっちゃいました?すぐに「その2」をアップするつもりでしたが、週末があっという間に終わってしまって今に至ります(汗)。

読書進化論のことも書こうと思っていますが・・・。効率的に、いいブログの文章が書けるようになりたいものです。 勝間さんなら、「ひたすら訓練です、書き続けてみてください」と、おっしゃりそうですよね。

投稿: Karen | 2008年10月11日 (土) 14時57分

karenさんこんばんはclover

やっと読めました「日本を変えよう」!!
おっしゃるとおり、効き目が強くて(笑)
まだその名残が…sweat01
とにかく中身が濃くて濃くて~shine

特に、西原さんとの対談には笑い、共感し、心の中も頭の中も忙しかったです。。。
公教育の充実をという点は、親として共通の切実な思いですし、
働く女性としては家事時間の省力化は切実です!

この本は、老若男女に読んでもらいたいなと思います。
知り合いに配って歩きたくなるくらいお気に入りの本になっています(笑)
今まで感じてはいたけれど、言葉にしにくかった様々な問題点を
活字にしてくれた勝間さんに拍手を送りたいですね。
ブログにはざっくりとした感想しか書いておりませんが、
そのうちじっくりと書いてみたいと思います~

投稿: 四つ葉 | 2008年10月11日 (土) 22時40分

>四つ葉さん

おはようございますsun
やはり、四つ葉さんにも効き目が強かったですか・・・。後から読みなおして、考えを整理して書こうと思いつつ、あさぼっちさんにもお話したように↑、時間がたってしまいました。

西原さんとの対談は、全国のお母さん方、特にお仕事をされてる方は、共感されるだろうなと思いました。
私は母親業についてはこれからなので、あくまでも想像なのですが・・・。

公教育の充実については、私も同感です!ここにお金をかけないで、どうする?という感じです。私立偏重傾向がありますが、持たざるものも、しっかりとした教育を受ける権利を保障するべきだと思っています。親の経済力で、子供の将来の可能性が決まってしまうのは、悲しいです。

「知り合いに配って歩きたくなるくらいお気に入りの本」
わかります!
四つ葉さんは、お仕事も、ご自身のミッションも、本のテーマとリンクしますものね。

「働く女性としては家事時間の省力化は切実です!」
私も、気が早いのですが、そのあたりをよく考えます!(あまり考えすぎもよくないのかな?)
日本の主婦に求められる家事の水準は高い気がします。。。「家事と家族の日常生活―主婦はなぜ暇にならなかったのか」を読んで、より一層、感じました。http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%B6%E4%BA%8B%E3%81%A8%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E6%97%A5%E5%B8%B8%E7%94%9F%E6%B4%BB%E2%80%95%E4%B8%BB%E5%A9%A6%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%9A%87%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%93%81%E7%94%B0-%E7%9F%A5%E7%BE%8E/dp/4762017353

投稿: Karen | 2008年10月12日 (日) 10時20分

確かに日本の若い世代は老後のことをよーく考えなければいけないよねっ。karenちゃんと一緒にマロンも将来に貯蓄と投資をするワンdog

投稿: まろん | 2008年10月12日 (日) 11時18分

>まろんさん

この本はとてもお勧めなので、よかったら読んでみてください。
(忙しいとは思いますが。。。)
ずしーっと、きます。

投稿: Karen | 2008年10月13日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SATC | トップページ | 丸の内の牛と桜 »