« I think it's clean-cut. | トップページ | Bloggers Who Left Comments on My Blog as of July 19 »

コメントがつかなくても Despite the Number of Comments Left

ブログにコメントがつくと、うれしいですよねhappy01逆に、コメントがつかないと、一生懸命書いたのになぁって、さびしくなったりしませんか?

ブログを初めて1-2か月経ったころ、どうやったらコメントがつくんだろうと思って、実はいろんなブログを見ていました。恥ずかしいけど、これもshareします。
例えば、

どんだけ必死なんだ?って感じですよねsweat01
どれも、とてもためになりますが。

ブログ巡りをして、行きついたのが、前にも紹介した「心を込めて書いてる?」 です。
それ以来、戦略はいろいろあるようですが、日本語でも、英語でも、これは書きたい!と思ったことを、心を込めて書き続けていますpencil
(赤西くんネタのときは、通常よりも心を込めてしまいますが、どうかご理解くださいheart01

昨日、英語のブログにこんなコメントをいただきました。

Hi Karen :) I've been reading your blog for some time now, but never actually left any comments!

I just wanted to add that I find your enthusiasm about the USA to be quite refreshing, as the last few years in the USA have been quite embarrassing for the majority of us, thanks to our wonderful government and celebrities.

I often forget how privileged so many of us are, and just how hard people from other countries work just to move or study here. Thanks for reminding me of that. :)

日本語訳:

こんにちは。今までこのブログを読んでいたけど、実際一度もコメントはしていなかったです。

Karenさんの、アメリカに対する熱い想いが、すごく新鮮に感じました。ここ数年のアメリカは、ほとんどのアメリカ人にとって、恥ずかしいものだったから。すばらしい政府と、セレブのおかげで。

僕たちアメリカ人が、どれだけ恵まれているかということ、それから、外国からアメリカに移住したり勉強しにくるのがどれだけ大変なのかということを、僕はつい忘れてしまいがちです。そのことをを思い出させてくれて、ありがとう。
 
ポイントは、I've been reading です。今日たまたま検索して見つけた、ということではなくて、ある程度の期間、読んでいてくれた、ということなんです。コメントがなくても、読んでいてくれる人はいる、自分の書いたものに、気付かせてくれてありがとうと言ってくれる人がいる。言わないとしても、そう思ってくれる人がいる。これはブログの楽しみのひとつだなぁと、改めて思いましたshine

コメント数に左右されずに心を込めて書き続けていれば、いつか、心を動かされた誰かが、コメントしてくれると思います。これは、日本語でも、同じですよねsun
ちなみに、私のロングコメレスは、こちら。

Hi, Xtian,

Thank you so much for having been reading my blog!  I really appreciate your comment because now I'm convinced that my audience are out there reading my thoughts despite the number of comments left. :)
(I don't even know how to check stats such as the number of visitors.  I'm going to try Google Analytics soon.)

As Christy says, each country has both positive and negative aspects. 
I understand what you mean by "the embarrassing years for the majority of Americans."

It's just the government, which I'm sorry about.  And some people just behave in a stupid way, which is hard to comprehend, but unfortunately, is being presented as part of American culture.  (I must confess that I'm going to publish a post on Miss Teen USA South Carolina 2007 for my Japanese blog some time soon.  I find it useful for English-learners in Japan to learn from the bad example.  This might sound sarcastic, but I don't mean to offend you!)   

Writing in English still takes me longer than in Japanese, but it's worth doing it because I can share my thoughts with you and Christy and other non-Japanese speakers.  It's just so much fun.  You really motivate me to keep writing.  :)    

日本語訳:

私のブログを読んでいてくださったとのこと、本当にありがとうございます!コメントしていただいたおかげで、コメント数に関わらず、私の考えを読んでくれる人はいる、という確信が持てました。
(どうやってアクセス数*をチェックするかも、わからないんですよ。Google Analyticsを試してみようと思います)
*日本語のブログでは、チェックできてます。

Christyも言うように、どの国も、いい面と悪い面が、ありますよね。
「アメリカ人にとって、恥ずかしい数年」の意味、わかります。政府のせいですよね。お気の毒だなって思います。
それから、おバカな行動をする人って、いるんですよね。理解に苦しみますが。
残念なことに、そういう人たちがアメリカの文化ということで、宣伝されちゃってますね。
(実は、2007年 ミス・ティーンUSA サウスカロライナのことを、ブログに書く予定です。英語を勉強する日本人には、彼女の英語が反面教師になるなぁと思って。嫌味に聞こえるかもしれないけど、気を悪くさせつもりはないですから!)

英語で書くのは、まだまだ日本語より時間がかかりますが、こうして日本語を話さない人とも考えをシェアすることができるので、時間がかかっても書く意味があると思ってます。とにかく、すごく楽しいです。これからも書き続けようって、やる気をもらいました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ

|

« I think it's clean-cut. | トップページ | Bloggers Who Left Comments on My Blog as of July 19 »

コメント

コメント、つかないとさみしいですよね~。

誰も読んでくれてないのかなっ?って不安になります。
書く意味あるのかなぁ~?って。

僕もどういうブログが人気なのか、アクセス数があるのかいろいろ考えました。
人気のブログにコメントともにURLを残させてもらったり、mixiにリンクを貼ったり…。

でも、大事なことはやっぱり、
「書き続けること」、そして「情報をGiveしていこうという姿勢」
なのではないかなぁ?と思います。
何か人をひきつける魅力がないとダメですよね。

その点Karenさんのブログは、
いつも有益な情報を書かれていて、僕もいい刺激を受けさせていただいてます!

お互いに、自己満足にならず、いいブログを目指していきましょうね☆

投稿: てる | 2008年7月18日 (金) 00時37分

はじめまして〜! とても知的な方で時々こちらにもきてました。 私のつたない感想にコメントありがとうございます!今日も行ってきました。 有り得ない位の神席でした〜!今日も生歌でアカペラ・・なんどでも泣けます。すごく近いからこそ仁くんのダンスの繊細な動き、歌っているときの首筋まで確認してきました。  各メンバーの必死さ、緊張までわかりましたよ。 それと仁くんは、ちゃんと客席もみてくれてました〜!今はまだ崩壊です! また、お邪魔します!

投稿: まきじん | 2008年7月18日 (金) 00時46分

Karenさん、こんばんは。
初めてコメントをいただいた感激は、今も忘れられません。
自分がコメントをつけるときは、自分の書いたものも、そのブログの一部になることを忘れないように、きちんと書くように心がけています。
私のコメントは、Karenさんのブログの雰囲気を壊してないでしょうか?(汗)

投稿: あさぼっち | 2008年7月18日 (金) 01時29分

>てるさん

不安になったのは、私だけじゃなかったんですね・・・。ほっ。

てるさんも、たくさん情報をgiveされてますよ!みなさんも、どんなジャンルでも、すごく一生懸命書かれているのが伝わるので、私もコメントするときとか「どうして、他の人はコメントしないのかな?こんなにいい内容なのに・・・」って思いますもん。

上の一番最初のブログリンクにも書かれてますが、コメントをするのは100人に1人くらいだそうです。それがわかったら、そっか、って、ほっとしました。

私のブログは「自己満足」ですが、それでもいいと言ってくださる方がいる限り、コツコツ続けたいと思います。これからも、お互い、ブログのコツなど、情報交換していきましょう!
コメント、ありがとうございましたshine

投稿: Karen | 2008年7月18日 (金) 09時22分

>まきじんさーん!

さっき、よぴこさんのブログで、まきじんさんの感動レポを読ませていただきました!!

もーー、なんてlucky girlなの!まきじんさんは!足が震える+号泣わかりますよ!
やっぱり生はすごいんですね。読んでるこちらまで、心拍数上がってきますsweat01ほんとうに、よかったですね!まきじんさん、すごくいいものを吸収できたと思うし、これからもその感動は、まきじんさんの心の中に、ずっと残りますよね~おめでとうございますpresent

お疲れのところ、私のブログにコメントに来てくださって、とてもうれしかったですheart01
私も、まきじんさんの行動力を見習って、来年の今頃は、このブログで崩壊レポを書きたいです♪また、いつでもお暇なときに、来てくださいね~

投稿: Karen | 2008年7月18日 (金) 09時29分

>あさぼっちさん

あさぼっちさんからメモについてコメントを頂いたとき、すごくうれしかったです!その節は、ありがとうございましたshine

「自分がコメントをつけるときは、自分の書いたものも、そのブログの一部になることを忘れないように、きちんと書くように心がけています。」
すばらしいです!私は、「その人にメールを書くような」軽い気持ちなので、そこまで想いが及びませんでした・・・。さすが、あさぼっちさん!

「私のコメントは、Karenさんのブログの雰囲気を壊してないでしょうか?(汗)」
とんでもない!どんなコメントでも、大歓迎ですheart01その方の個性や人柄が、コメントから伝わってきますので、毎回読ませて頂くのは、本当に楽しみなんです。

これからも、よろしくお願いします♪

投稿: Karen | 2008年7月18日 (金) 09時34分

karenさん

こんにちは。

毎日読んでいるのにコメントもしなくてごめんなさい!

決して、内容がどうのこうのではなく、ただ自分に余裕がないだけです。

karenさんのブログは、たくさんの有益な情報がshareされていて、とても素晴らしいと思いますよ。

また遊びに来ますのでkaizokuouを忘れないで下さいね。


投稿: kaizokuou | 2008年7月18日 (金) 13時16分

Karenさん、こんにちは。
天国はいいですね~。赤西仁天国、極楽です。
私は仁君と同じように半年ほどロスに留学していたんです。(7年位前ですけど)
英語に興味があって、夢だったんですけど、お仕事がどうしてもやめさせてもらえなくて、無理いって休職させてもらいました。仁君と同じですね。助産師一筋できましたが、今は少しお休みしています。また、英語も学びたいな・・と思っているところですが、何せ半年しかいってないので、なかなかです。
当時、ステイ先でのファミリーの会話にもなかなかついていけず、ホームシックになったり、みんなが笑っているのに一人だけ笑いがわからず・・。でも、1ヶ月過ぎると、なんとなくニュアンスが伝わりホームパーティに参加したり、映画も沢山みたりして満喫してました。今は、全く忘れてしまいました!!
こちらのブログは、お勉強になりますね~。
これも、仁くんがくれたプレゼントだと思います。ぜひ、勉強させてくださいね。

投稿: まきじん | 2008年7月18日 (金) 14時53分

>kaizokuouさん

こんばんはー。

ま、毎日読んでくださっているんですか?
本当にありがとうございます♪

コメントを要求されたみたいに、プレッシャー感じちゃったら、ごめんなさい!
さきほどブログにお邪魔させていただきましたが、
書店のランキング、おもしろかったです!!

まずは、お怪我を治されてくださいね~
細胞の再生にいいものをたくさん召し上がってください。
お大事にTake care of yourself!

投稿: Karen | 2008年7月18日 (金) 22時55分

Karenさん、「コメント」についてとても興味深いエントリーありがとうございます。

ブログをしている以上、やはり「コメント」に支えながら更新していますもんね・・・。

ブログ=自己満足の世界。と思っている方が多いと聞きます。確かにそれは否定できません。でも、これを読んで誰かが自分の事として置き換えて考えてくれたり、考えもつかないちょっとしたことを気づいて貰えたらいいな・・・。と書き続けています。

こうして、Karenさんにコメントをつけているたくさんの方の考えも知ることが出来て、少しずつ自分が成長していっているようです。ありがとうございますheart01

投稿: yumi | 2008年7月18日 (金) 23時10分

>まきじんさん

おぉ、まだあちら側に?(笑)
さっき、よぴこさんのところで続きを読ませていただきました~ありがとうございました♪

まきじんさんもロスに語学留学の経験が!実は、私も、最初の海外はロス短期語学留学なんです♪まきじんさんは、助産師さんだったんですか?すばらしいお仕事ですねshine

コメント、「うん、うん」ってうなずきながら読んでました。
「ステイ先でのファミリーの会話にもなかなかついていけず」
私も、わかったふりして、ごまかしていて、会話の時間が長く感じました。

「ホームシックになったり」
これがですねー、私はならなかったんですよ(笑)。カルチャーショックにはなりましたけど、日本に帰りたいとかは、なかったですねー。日本食とか、日本語には、飢えましたけど。

「みんなが笑っているのに一人だけ笑いがわからず・・。」
そうそう!笑いの時差があるんですよね・・・。笑いは難しいです。

「でも、1ヶ月過ぎると、なんとなくニュアンスが伝わり」
1か月って早くないですか?もともと英語を勉強されていたから、慣れるのが早かったのでは?

今は忘れてしまったとのことですが、一度行ったレベルまでは、日本でも独学で戻すことはできると思います。さらに、上げることもできます!ちなみに、私はアメリカの大学卒業直後に受けたTOEICより、帰国後数年経ってからのほうが、スコアが伸びました。これは、英語を忘れたくないという、「執念」ですねー。

仁くんも、今、仕事の合間に勉強してるんですよね。英語を完璧にできるようにしたいって話してるし、自分で宣言しちゃったら、やらないといけない状況に自分を追い込むので、えらいなぁと思いますshine帰国後の英語力キープは、留学中英語を覚えるより、実は大変だと、経験から思います。

少しでも、まきじんさんのお役に立てるといいなと思っています。
これからもよろしくお願いしますheart01

投稿: Karen | 2008年7月18日 (金) 23時16分

>yumiさん

こんばんはー。京都も暑いですか?

「これを読んで誰かが自分の事として置き換えて考えてくれたり、考えもつかないちょっとしたことを気づいて貰えたらいいな・・・。と書き続けています。」
すてきです、yumiさん。
自分ひとりの経験や考えって、限られたものですからね。人と会うとアイデアを貰えるって、勝間さんもお話されてますよね。

それに、コメントがつく、つかないにかかわらず、自分のブログがきっかけで誰かが幸せになるお手伝いができたり、いい世の中になる小さな一歩になるかもしれないですもんね♪

今、過去のコメント振り返りの旅をしていたのですが、yumiさんはこのブログでは10番目にコメント頂いてます。(ブロガーさんカテゴリーで)あの時の感動が今、蘇ってきました!停滞していた頃だったので、yumiさんには助けられました~
いつも、ありがとうございますshine

投稿: Karen | 2008年7月18日 (金) 23時25分

こんばんは。
わ~コメレスまでありがとうございます。
現実の生活にズルズルと引き戻されております(涙)しかし、仁くんに心奪われたまま。やつは海賊ですね~。

「一度行ったレベルまでは、日本でも独学で戻すことはできると思います。さらに、上げることもできます!」なるほど・・・でも、執念が大切なんですよね。私にはそれがなかったですね・・。頭がだいぶ固くなっても大丈夫ですか?NHKの番組をみても、次の日には忘れている状態なんですよ~。
お勧めなどありますか?
Karenさんのブログを読むだけでも勉強になりそうなんで、訪問者になると思います!

短期留学は私は甘かったと思います。
元義理の兄が英語ができる人だったので、1年位かけて簡単な日常会話を習ったり、兄のアドバイスでディズニー映画英語版をみて学んでました。
短期留学する前には兄の知人がいるコネチカットに2週間程体験にいったんですけど、すごく綺麗な英語を話される方でヒアリングができれば、日常会話は大丈夫かな・・と思っていました。ところか、ロスのステイ先のママがとにかく早口で、かなり英語のなまりがあったんですよね。
それは計算外で、聞き取れなくて、それまで学んだ事がしばらく全くでてこなくなりました。最初の二週間位はずっと食事のストレスもあったり、何せ夜遊びができない事もストレスでした。(笑)
会話が続かなくなると、ひたすら食べて、一ヶ月で8K太りました。(ハハッ笑)
語学学校では、日本人は日本人で固まるし・・自分は何してるんだろうとホームシックになってましたね。
最初はママにmore slowly すら言えなかったんですよね。だけど、「わからない」ということを何度も伝えてからは、すごくゆっくり話してくれるようになって、自分の引き出しが少しずつ出せるようになりました。
でも、聞きづらかったです~。会話が弾むと段々スピードアップしますから(笑)
1ヶ月すぎてホームパーティーに参加しまくって、学校でも台湾の友達ができたり、遊びを通してだんだん慣れていきました。
今ではいい思い出です。国際免許もとっていたので、レンタカーでいろいろいきましたよ~。なんか、すいません。私の思い出話なんて。
しかし、仁くんは偉いですね。Karenさんと同じように執念ですね。

投稿: まきじん | 2008年7月19日 (土) 03時45分

>まきじんさん

だんだんこちら側に戻ってきましたか?(笑)

英語は執念があれば、大丈夫です♪
NHK、うーん、私もいろいろやりましたが、見て全部暗記はできないと思います。なんというか、「実体験」に勝る学習法はないと思うので、リアルに感じられないと、頭に残らないんです。じゃぁ、留学しないといけないの?っていうと、そういうわけじゃなくて。

「英語ノートの作り方」、よかったら見てみてください♪
http://happykaren.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_1851.html


オススメの英会話参考書は、このブログの「中学英語からの参考書」http://happykaren.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_3e54.html
にまとめました♪

他にもオススメの勉強法は「いつのまにかTOEICスコアアップ勉強法」カテゴリーに入れてありますので、よかったらこちらもどうぞheart01まきじんさんのコメントを掘り下げて書いてみたいので、少しお待ちくださいね~

英語は話す人によって、聴き取りやすさが違いますよね。慣れもあると思うので、最初は緊張もするし、特に何言ってるかわからないですよ。1か月で8kgはすごいです!私は最初の5か月で6kg太りました。すごい食べてたので。ストレスかな?留学してすぐ、私はお腹に変な湿疹がでました!

あ、運転もされてたんですか?楽しいですよね♪仁くんが行ったようなところ、ひととおり行ってるのでは?サンタモニカとかマリナ・デル・レイとか・・・いいですよね~ロス、行きたくなってきました!

投稿: Karen | 2008年7月19日 (土) 23時16分

Karenさん!ありがとうございます~happy01
早速、英語ノートの作り方など見にいきました。映像や脳に刷り込む・・・そうですよね。暗記しようとしても脳の老化で忘れます。down ただし、仁くんのことは忘れませんから、過去のブログも読ませていただくと仁君の使う英語も書かれていて、仁くんからも学べるなーと思っているところです。どうせ学ぶなら楽しく学びます。
Karenさんのブログを拝見させていただくと、かなり勉強になります~。

お勧めの参考書もありがとうございます。
今、ちょうどフリーなので勉強してみようと
思います。

マリナ・デル・レイ、サンタモニカ行きましたよ~。サンタモニカは一番最初に学校の友達を連れていきましたが、慣れない海外の運転で何度も何度も撃たれそうになりました(汗)
後は、飛行機でサンタバーバラまで行ったり、ニューオリンズ、フロリダ、ニューヨーク、ワシントンなどいろいろ休みの度に行きました。マイルが貯まりすぎて帰国はビジネスで帰国でしたwink
では、また伺います。お勉強も頑張りますね。

投稿: まきじん | 2008年7月20日 (日) 01時09分

>まきじんさん

いろいろ読んで頂いて、ありがとうございます!はい、仁くんの英語も勝手に取り上げてます。「赤西仁の耳から覚える英会話・CDつき」なんて本が出たら、絶対売れると思うんですよ!"Repeast after me."なんて、言われたら、何回でもリピートしますよね!(爆)要望出してみます?

まきじんさん、すごくアクティブですねairplane楽しさが伝わってきます!
何度も撃たれそうに?!私は指は何度も立てられましたけど・・・(汗)。まきじんさんの書かれたところで、行ったことがあるのは、ワシントンだけです。今思うと、まきじんさんのように、もっとあちこち行けばよかったなぁ。

これからも役に立つことを書けたらいいなと思ってますので、ぜひ参考書代わりにしてください!いろいろ感想などもお待ちしていまーす!

投稿: Karen | 2008年7月20日 (日) 10時51分

盛り上がってるねーbeerkarenちゃんのブログは国内だけじゃあないのねー。すごいですっairplane

投稿: まろん | 2008年7月22日 (火) 11時24分

>まろんさん

おかげさまで、こうして、英語+留学+仁くんまで話を広げられて、楽しいです♪

英語ブログは、アメリカ人の方もこっそり読んでくれたんだー、コツコツ英語で書いててよかったって、思ったよpresent

投稿: Karen | 2008年7月22日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« I think it's clean-cut. | トップページ | Bloggers Who Left Comments on My Blog as of July 19 »