« 勝間和代師匠に100の質問 CREA7月号 | トップページ | 今回は、かなりemotional »

中学英語からの参考書をリサーチ!

毎日のようにお邪魔して、いつも楽しませていただいている、尊敬する人気ブロガーYさんから、先日こんな質問がありましたpencil

「英語の参考書を買ってみようと思っているのだけど、どの本がいいのかな?目標は、話せるようになりたい。中学英語から始められる、基本的な参考書で、何かおすすめがあったら教えてもらえますか?」

そこで、さっそくリサーチに行ってきました~場所は
三省堂書店神保町本店。神保町駅から3分、お茶の水駅から歩いて5分くらい、明治大学のすぐそばです。

語学書の売り場に行ったら、圧倒されました・・・。本が、ありすぎる。
これは、迷いますよ~Yさん!
売り場でも、
迷って吟味している方が何人もいました。私も椅子に座って、じっくり比較。
Yさんのように、どの参考書を買えばいいのか、よくわからない!という方の参考になれば、うれしいですsun

Karen独自の基準、1.見やすさ 2.説明のわかりやすさ 3.デザインの3点で、選んだのが、この3冊。

1.たったの72パターンでこんなに話せる英会話

たったの72パターンでこんなに話せる英会話 (アスカカルチャー)

中学1年の英語も忘れちゃったよーという方や、英語を聴いたり読んだりはある程度できても、自分が話すときにどういう語順で行ったらいいのか、とっさに出てこなくて、話す自信がない・・・という方に。短い例文が載っていて、シンプルにまとまっています。基本中の基本からスタートして、ひととおり文法の復習ができる仕組みになっています。文法から押さえると、安心するという方にはいいと思います。この本を見て「簡単すぎるなぁ」と思った方は、こちらを飛ばして、2から始めるのがいいかもしれないです。(CD1枚つき)

2.
スティーブン・ソレイシィのトッピング英会話

スティーブ・ソレイシィのトッピング英会話

「お買い得」な印象。聞き返すときの"Sorry?"というような、簡単なひとこと英会話から、1の本より長めの英文もたくさん載っています。解説も、丁寧です。この本の著者スティーブン・ソレイシィさんは、他にもたくさん英会話の本を書いていますが、この本が最新刊だと思います。もっと表現にバリエーションをつけたい場合に。(CD2枚つき)

3.もしも英語ができたなら・・・ ~ネイティブ講師が教える「脱・ペーパースピーカー」の秘訣~
もしも英語ができたなら・・・ 〜ネイティブ講師が教える「脱・ペーパースピーカー」の秘訣〜

どのレベルの方でも、楽しく読める、読み物として、楽しい本。説明もわかりやすいです。短くても使えるフレーズが載っていたり、英語の勉強のコツなどもあります。作者はイギリス人。ご自身の日本語を学んだ経験から書かかれているので、外国語を学ぶ楽しさ+大変さを共有できると思います。英語の勉強がしたくなる、モチベーションがあがる、英語に対する思い込みをなくしてくれる本。全然、受験の参考書とは違う感じです。私も考えが同じだなと思うところがたくさんあって、1-3の中で一番好きです。イラストもかわいいdog

それにしても、どうして英語の参考書って、あんなにレイアウトとかデザインが悪いんだろう?本を開く気がしないのって、私の場合は、勉強のテンションがあがらないんです。ぎゅっぎゅって、詰め込みすぎているのも、見たくなくなるというか・・・受験を思い出させる感じで。赤い下敷きみたいなのが入っているのとか、黒一色だけとかmist
            
パッと本を開いて、直感で「嫌」「違う」と思ったものは、却下させていただきました。(著者の方、ごめんなさい)どんなに内容が良くても、見やすさやデザインがいまいちだと、買ってもらえないんじゃないかな・・・。
一生懸命書かれたものなのに、もったいない

競合が多いから、店頭で目を惹くためなのか、妙に「楽しい感じ」を出していたり、必要以上にカラフルな表紙だったり・・・。内容が基本的な参考書も、社会人の需要はあると思うんです。そういう方にどんどん手に取ってもらうためには、大人っぽいシンプルなデザインのほうが売れると、私は思うのですが・・・。デザイン重視の私には、本も、「見た目」が大事。

今回初めて行った三省堂書店神保町本
店は、英語の参考書を、英語のテーマごと(英会話、メールなど・・・)、出版社ごとに並べています。とても見やすくて、選びやすかったです!あと、最初に話しましたが、椅子があるのはうれしい。


ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ
                        

                              

|

« 勝間和代師匠に100の質問 CREA7月号 | トップページ | 今回は、かなりemotional »

コメント

karenさん

初めましてこんばんは。kaizokuouと申します。勝間さんのブログよりとんできました。

TOEIC990点はすごいですね。
英語でブログかけちゃうんですね。

たったの72パターンは自分も買いました。まだ読んでよんでないんですけど。おすすめのようなのであわててひらくことにします。

また遊びにきます。

投稿: kaizokuou | 2008年6月 9日 (月) 21時50分

>kaizokuouさん

おはようございます。はじめまして。
コメント、ありがとうございます!

72パターンは、すごくよくできているな~と思いました。
三省堂で手当たり次第チェックした中で、一番見やすかったです。

英語でブログは、TOEICの点数に関わらず、書いている方がたくさんいるみたいです。
「英語ブログ」にリンクから飛んで、「英語の日記」を見て頂くと、「おー、こんなにいるんだ」という感じです。

よかったら、また来てくださいね~
こうしてコメントを頂けると、とてもうれしいですshine

投稿: Karen | 2008年6月10日 (火) 08時25分

もしも英語ができたなら・・・ ~ネイティブ講師が教える「脱・ペーパースピーカー」の秘訣~ を教えてくれてありがとうございます。英語が苦手なマロンでも楽しく学べそうですbud

投稿: まろん | 2008年6月10日 (火) 22時13分

>まろんさん
「もしも・・・」は、イギリス人の作者の方が日本語を勉強した経験を元に書いているので、外国語を学ぶ大変さを理解されてますし、乗り越えるべきポイントが詳しく書かれています。気軽に読めますし♪

投稿: Karen | 2008年6月11日 (水) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝間和代師匠に100の質問 CREA7月号 | トップページ | 今回は、かなりemotional »