« 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」講演会 in Osaka+おまけ | トップページ | Tokyo Movie Experience Part 2 »

日本経済新聞 こどもと育つ 勝間和代さん 

昨日6/24の日本経済新聞夕刊13面「こどもと育つ」というインタビュー記事に、勝間和代さん が載っていました。初めて聞くことや、おぉ!と思った部分を抜粋して、紹介しますpencil

*子育てには「解」も「ベスト」もない。 

*子どもたちが小さいころ、どんなに大変な上司も、「言葉が通じるだけまし」と何度も思った。

*子どもは、親がコントロールしきれないもの。思春期は大変。自分もそうだったので、しょうがないとは思う。

*夜、リビングで、女4人で会話をするのが日課。日頃から会話などで、問題を予防することも必要。

*経済感覚を養う勝間家のレッスン。お昼のお弁当をコンビニで買うなら、500円を渡す。家にある材料で作るするなら300円。親にとって、キャッシュフローは同じ。自分で付加価値を作り出せばお小遣いがもらえる仕組みを通して、原価と仕事の価値の関係を学んでほしい。

*洋服を買う時は、欲しいものリストを作らせる。着る頻度、ブランド品か、などを書かせて、必要性を話し合う。その上で予算化し、お金を渡す。

*1か月の運営費を子どもに見せて、今書いている原稿の収入がいくらになるのかを示す。そして、「今はこの仕事を優先するので、食器洗いなどの家事をやってほしい」と伝える。

あの勝間さんでも、お子さんが小さいとき、思春期も、大変だったのですね・・・。今更ながら、親に感謝です。お子さんと「予算」を話し合ったりするところが、勝間さんらしいと思います。きちんと説明をすれば、子どももわかってくれるはず、ということなのでしょうね。勝間さんが「経営する」家、最強ですねshine

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ

|

« 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」講演会 in Osaka+おまけ | トップページ | Tokyo Movie Experience Part 2 »

コメント

karenさん

日経新聞夕刊とっていないので助かります~

いつもいつもありがとうございます。

まさにGIVE^5を実践されていますね。

karenさんからはTAKE^5になっていて
あ~お返しできない。

このご恩はいつか・・・(たぶん)

ではまた。

投稿: kaizokuou | 2008年6月26日 (木) 00時03分

Karenさん、いつもありがとうございます♪

*子育てには「解」も「ベスト」もない。

こういう言葉を聞くと、心に沁みますねぇ(涙)
うちは、これから徐々に反抗期突入☆なので、ガチンコでいくつもりです(笑)

投稿: あさぼっち | 2008年6月26日 (木) 00時34分

>kaizokuouさん

こうして見に来てくださって、しかもコメントを残して下さることが、すでにgiveです!(コメントを残す方は、100人にひとりぐらいだそうです)

実はKaren's dictionary、リスクだったんですよ。おおげさですけど。赤西くんのことを書いて、勝間さん繋がりでこちらに来てくれる方がすーーっとと引いたらどうしようって、思いました。
でも、kaizokuouさんがコメントしてくださったので、うれしかったです。自分が書きたいことを書いて、それでも誰か一人でも読んでくれる人がいれば、続けようって思いました。

なので、書き続けることができた→このブログがなくなることもなかった→勝間さんの講演会まとめも書いた→たくさんの方々にシェアできた、と思っています。ありがとうございます♪

投稿: Karen | 2008年6月26日 (木) 19時21分

>あさぼっちさん
あたりまえのことなのですが、勝間さんも普通に悩み、苦しんでこられた方なんだ・・・と思いました。

おぉ!ガチンコですか!(汗)

投稿: Karen | 2008年6月26日 (木) 19時27分

Karenさん

私も読みました。
”大変な上司がいても言葉が通じるだけましと何度思ったことか。” というのを読んで なるほどなーとしみじみ思いました。
色々な意味で女性は周りの影響を受けやすく、仕事を続けるのが大変な事もある。 それでも やはり働きつづける事で人生がひろがるんだなと思いました。
片方で煮詰まった時、ふと、もう片方で その答えが出る事ってありますよね。。。。

いやあ また勉強になった。
しかしこのところの日経夕刊は働く女性を意識した記事多いですね。土曜版もそうですが。
うちにはテレビが無いので 日経とラジオとインターネットが情報源です。

p.s.無事帰ってきました。飛行機は揺れましたが。遅れもなく。 Home sweet home...と自分のPCが一番だ!
フーテンの寅ゆうぴょんでした。

 

投稿: ゆうぴょん | 2008年6月26日 (木) 20時41分

karenさんはコメントの内容もとても上手で素直に感心してしまいます。

すごい。
すごい。

見習います。

赤西くんのこと好きだから書いて当然ですよ。それも含めてkarenさんですから。

自分もそういう事は絶対書くタイプです!happy02

それではまたです。

投稿: kaizokuou | 2008年6月26日 (木) 21時02分

>ゆうぴょんさん
おはようござます+おかえりなさい。
無事に帰国されて、よかったですね~

そうですね、答えって、違うところでふっと気づくとき、ありますね。これも水平思考力?いろいろ壁はありますが、それも自分の力になると信じていくしかないですね・・・。男性を妬んでも仕方がないので・・・。(三毒追放!)

あ、私もテレビありますがほとんど見ないです。留学中、たまたまケーブルに加入しないと見られない家に住んで、入らなかったらそれで大丈夫でした。それから、平気になりましたね~

投稿: Karen | 2008年6月27日 (金) 07時52分

>kaizokuouさん
おはようございます。

うれしい言葉、ありがとうございます!
そうですよね、自分のブログですもんね~

では、これからも自由に書いていきますので、よろしくお願いしますsun
(いつのまにか、赤西くんブログになってたりして?!)

投稿: Karen | 2008年6月27日 (金) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」講演会 in Osaka+おまけ | トップページ | Tokyo Movie Experience Part 2 »