« 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代さん講演会 その1 | トップページ | 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代さん講演会 その3 »

「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代さん講演会 その2

本日、三省堂書店神保町本店で行われた、ディスカヴァー・トゥエンティワン社勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力刊行記念 勝間和代さん講演会+サイン会の、内容まとめ、続きです。

*********************************************

7つのフレームワーク力
1 論理思考力 2 水平思考力 3 視覚化力 4 数字力5 言語力 6 知的体力 7 偶然力

○○力とは、能力、スキルのことです。例えば、英語。知っている単語が多いほど、上手に話せる。単語=フレームワークが豊富であるということ。

論理思考力

論理思考力、私自身、全体の1/5しか、使っていないと思います。論理思考力は、教えるのが楽なんですよ。本が一冊書けます。とにかく、MECE、小さいところに向かって下げていくことが大事です。私は、7つのフレームワーク力、それぞれをさらに7つ分けて説明しています。7×7=49の、ピラミッド・ストラクチャー。細かく分解すると、わかりやすくなって、言いたい事がみなさんに伝わるようになります。

仮説思考。これは、評価=結論から考えてしまう、ということ。思考のプロセスが逆です。

論理思考が、一朝一夕にできなくても、心配しないでください。私も、業務をやりながらでも、2年かかりましたから。みなさんが新しいフレームワークを創るのに、3-4年かかってもしょうがないと思ってください。勘がいい人は速いです。特に、理系の人。大学院で物理学をやっていたというような人は、速いです。

仮説思考は、例えば、同僚とランチのときに試してみてください。まず、何を食べるのか、
仮説を立てます。後で、本人にどうしてそれを選んだのか聞いてみるんです。あんまり同じ人にやると迷惑になって、嫌がられるので、違う人にやってみてくださいね(会場笑)。

論理パズルは、けっこう売っています。それから、why5回と言っていますが、なぜを5回繰り返すこと。仮説作りというのは、仮説なしで物を調べるのはやめましょう、ということです。頭の中で考えて、できれば書き出してみるといいです。

あと知恵バイアス後付けバイアスといって、ハトの実験の話があるんですが、(詳しくは本書p113)無理やり、論理づけをしてしまうことです。ゲンをかつぐとか、そういうことです。例えば、「こうしたら宝くじに当たった」というのがありますよね。あれ見ると、笑っちゃうんですが。論理がないものに、後付けをして、納得してしまうんですね。

水平思考力

本当は、「水平思考力」の本が書きたかったんですよ。みなさんが知りたいと言ってくれれば、出したいと思ってます。私は、論理思考力より、こっちのほうが好きです。

全く関係ないところから、解を持ってくるということです。コンピュータはこれができないんです。私たちは、水平思考力が
得意なんですよ。いわゆる、ひらめきです。この話とこの話、つながるんじゃないの?そもそも、私の考え方自体が間違ってるんじゃないの?といったことです。

3つの基本テクニック
1.前提を疑う
これはこうなるはず、昔はこうだった、と思うんじゃなくて。

2.新しいものの見方を導入するためには、focus group interviewがいいです。

3.別々のものを組み合わせる。例としては、経済学+心理学=行動経済学。心理学者から見ると、行動経済学で使っている心理学は、基礎も基礎。でも、行動経済学
、経済学では画期的で、2002年にノーベル賞も取りましたからね。


4つの実践方法
1.心理学を知らないと、行動経済学ができないわけで。ネタを作ることが必要です。

2.できたアイデアを、なるべくマーケットで試してみること。例えば、会社で周りに聞いてみる、上司に提案してみる。いけるか、いけないか、判断できる。直感は、大事です。

3.水平思考力では、誰もやっていないことをやるので、失敗も多いです。正しい失敗と悪い失敗があるんですが、悪い失敗というのは、1.前回と同じ失敗をする 2.取り返しのつかない失敗(自己破産、結婚など、経済的リスクが大きいもの) 3.やらないことによる失敗、です。この3は、あまり知られていないんです。なぜなら、わかりにくいから。

4.水平思考力は、
論理思考力と違って、自分ひとりでは追い付かない。なので、専門家となるべくたくさん会うこと。情報交換をすることで、アイデアが生まれます。良い本をたくさん読むこと。論理思考をしつつ、水平思考をする。「立体的思考法」と呼んでいます。水平思考力だけだと、単なる思いつきですから。(p.137の図を参照)

簡単な順に、視覚化力(イメージ)、数字力、言語化力。これは、相手に刺激を与えてあげるということ。こういった「刺激」を通すことで、相手の体験を疑似体験できる。どういう表現をしたら、相手によく伝わるのかを考える。数字はわかりやすいです。例えば、「今日会場にたくさんの人がいます」よりも、「150人の人がいます」のほうが、わかりやすいですよね。

*******************************************

ふぅ。まだまだ続きます!

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ

|

« 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代さん講演会 その1 | トップページ | 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代さん講演会 その3 »

コメント

高校の時からkarenちゃんは本当にまとめ上手だったよねっpenますます磨きがかかったワンdog

投稿: まろん | 2008年6月20日 (金) 15時37分

>まろんさん

高校の時は・・・何もまとめていなかったような。
まとめ上手だったら、もっといい大学行っていたでしょう?(笑)
でも、褒めてもらって、うれしいですshine

投稿: Karen | 2008年6月20日 (金) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代さん講演会 その1 | トップページ | 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代さん講演会 その3 »