« Interview with Tadashi Yanai: CNN Talk Asia | トップページ | 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」サイン会 in Kyoto »

「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」感想 その1 

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力を講演会当日にざっと読んだとき、p200ぐらいで、「これは、ビジネス書3冊分」だと、確信しました。それから1週間。少しづつ読み進めてきましたが、この確信は変わることはありません。これで1600円+税(もちろん、Chabo!対象)。たいへん、「お買い得」ですribbon

この本で勝間さんが伝えたいことを、ざっくり、2点に凝縮しますと、

1.教えて君から脱却しよう

2.実際に行動を起こそう

だと思います。

フレームワーク力を身につけるための本ですが、上の2点を意識して読むと、読み方が主体的になって、読んだ後で違いが出るような気がします。

先日の講演会で思ったのは、「勝間さんは日頃の観察から、勝間本読者の間に教えて君が多いと気づいていたのではないか?せっかく本を買っても、教えて君にとどまる人が多いと危惧していたのかも?」ということです。
講演会が始まってすぐ、教えて君のお話になりました。(以下、講演会まとめからの引用)


「教えて君」は、ダメです。教えて君は、思考の6段階(下から、知識、理解、応用、分析、統合、評価)の、下3つで終わっている。上3つを自力でできるようにしよう、というのが、この本のコンセプトです。

何度も繰り返しますが、教えて君は、下の3つだけしかやらない。知識+理解を重視している。本を買っても、新しいことが書いていないという。「200のフレームワーク全部教えてほしい」という人、けっこういます。これは、教えて君。私は、フレームワークは20で本当は十分だと思っています。180は、自分で分析、評価して、創っていってほしい。

教えて君を抜け出すと、人生ラクになります。本当か、嘘か、見わけがつくようになる。マス・メディアにはトンデモ情報もありますが、それが嘘だとわかるようになる。


つまり、勝間さんは、「くれぐれも、この本を読んだだけで終わらせないでくださいね~読んだだけで満足したり、理解できたような気になってほしくはないのです。実行に移して検証することで、本当に自分のものにしてくださいね」と、おっしゃりたかったのですね、きっと。読む前にくぎを刺されたような、こちらの教えて君的行動パターンを見透かされたような、「先生」に、叱咤激励されたような感じがしました。

「勉強法」「時間投資法」「グーグル化」「お金」・・・勝間本を読んで、惜しみなく提供されたノウハウをいくら集めても、それを実際の生活やビジネスにおいて行動に落とし込まないと、意味がない、ただの知識・情報コレクターになってしまう。自戒の念を込めて、そう思います。ちなみに、勝間さんが講演会でブログに書きましょうと宿題を出されても、実行に移す人は出席者の20-30%だそうです。

多くの人が、ここの実行の部分をさぼるのです。それはやはりみな、結果がうまくいかなかったらどうしようと迷うからだと思います。しかし、このことを逆に言えば、行動さえできれば、圧倒的に他者より優位に立てるということになります。
(p.24)

ビジネス思考力は、アウトプットを見た周りの人からのフィードバックがあってはじめて磨かれます。そのためにも、「手足と口をまめに動かすクセをつけ、適切なフィードバックを得ること」が、ビジネス思考力をつける大きな要素となります。
(p.28)

勝間さんが提唱されているブログは、誰でも始められますし(私にもできた!)、コメントというフィードバックも得られるので、ビジネス思考力をつけるのにぴったりですねshine
始めてみると、難しさや自分の課題が見えてきます。私は約3か月前にブログを始めたばかりなので、これから、ブログやいろいろな面で、学んだことを試していこうと思っています。


この本は、さっといつも取り出せるところに置いて、辞書のように長ーーくおつきあいしたいですheart01読んで、試す、ヒントを求めにまた戻ってくる、の繰り返しになりそうです。

本の内容からは外れるのですが、お風呂でこの本を読んでいて、その手触りの良さに気がつきました。滑り止め加工なのでしょうか、しっとりと、手に吸いつくような、心地良さshine
こんな表現を、本にするとは。装丁の素晴らしさはともかく、手触りまでいいんですね。長く使ってもらえるようにここまで設計されたのでしょうか?一家に1冊、家族で取り合いになる可能性のある方は2冊、欲しい本です。

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

長くなってしまったので、具体的な感想は、次回のエントリーから少しづつアップします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ

|

« Interview with Tadashi Yanai: CNN Talk Asia | トップページ | 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」サイン会 in Kyoto »

コメント

Karenさん、こんにちは!

「7つのフレームワーク力」の感想がアップされていたので来ましたwink

読み応えたっぷり、そして思考がスッキリする、たぶん、今年のビジネス書No.1の「フレームワーク力」。只今じっくり読んでいるところです。

勝間さんの特徴ですが、ベストセラーを出すための「戦略」など普通なら表に出さないところを彼女は惜しげもなく書籍に載せてしまう。度量の大きな人ですね。

その人、それぞれの感想を見る事で自分自身の理解度が更に新たなものに変わっていく・・・。気づきも増えます。

その2、その3・・karenさん独自の感想、楽しみにしていますheart04

投稿: yumi | 2008年6月23日 (月) 16時16分

我が家には2冊ございます(笑)
勝間さんが大前さんの思考が分かったように、
勝間さんの思考が分かるようになりたいですね!

投稿: あさぼっち | 2008年6月23日 (月) 18時29分

>yumiさん
こんばんは~
京都のサイン会の記事、楽しく読ませていただきました。ありがとうございましたshine

ほんとうに勝間さんは「太っ腹」ですよね!「情報を提供すると、何倍にもなって返ってくる。その楽しさを知ってしまうと、やめられない」と、お金トークショーでおっしゃってました。(私の質問に対するお答えでした!)あと、「出し惜しみをしたところから、著者は人気が落ちてしまう」ともお話されてました。

このフレームワーク本を超えるビジネス書は、勝間さんからしか出ないような気が・・・。なんだかすっかり勝間さんにはまっちゃいましたね♪あ、小宮一慶さんの「発見力」も、おもしろかったです。(Chabo!著者の方です)

感想、書き始めたら長くなりそうな予感が・・・。でも、さくさくとまとめていくつもりです。同じ本でも、読む人の経験や感性で、捉え方に違いがあって、新たな発見がありますよね。


投稿: Karen | 2008年6月23日 (月) 19時04分

>あさぼっちさん
大阪のトークショーのまとめ、とても読みやすかったですし、笑える話がたくさんあって、楽しませてもらいました♪ありがとうございましたshine

え?もう2冊お持ちですか?実際そういう方がいらっしゃるとは思わないで、この記事書いたんですけど・・・(笑)。

本を読んだことを行動に移していって、「あ、こういうことだったのかflair」って、思えるようになりたいですね♪

投稿: Karen | 2008年6月23日 (月) 19時14分

karenさん

こんばんは。ぷらりと遊びにきました。

いつも拝読していますが内容の濃いことが書かれていて、自分のぐたぐたブログとはわけが違いますね。(笑)

英語のおススメの更新も待っていますのでよろしくです。

ではまた。

投稿: kaizokuou | 2008年6月23日 (月) 21時35分

>kaizokuouさん
こんばんはー。いらっしゃいませ♪(お店?)

読んでくださって、ありがとうございます。内容濃いでしょうか?ええと、勝間さんと赤西くんのことなら、いくらでも書ける気がします♪全体的に掘り下げすぎなので、もっと軽くしようかな~と考えています。

kaizokuouさんのブログ、全然ぐたぐたしてないですよ。「こんなところに勝間さん」は、kaizokuouさんにしか書けない貴重な情報ですよね。勝間さんの書評リンク集は、今回は予想外でしたが、お互い、載せていただけましたねapple

投稿: Karen | 2008年6月23日 (月) 21時56分

karenさん

おはようございます!

外は青空。気持ちがいいですね。
洗濯物を干してでかけないと。

karenさんに褒めていただくなんて
照れます~happy02

おかげさまでやる気もでます。
いつもありがとうございます。

今日は仕事あがりで伊豆の修善寺というところに行ってきます。何をしにいったかは後日ブログでご報告します。

それでは良い一日を!!!


投稿: kaizokuou | 2008年6月24日 (火) 07時54分

>kaizokuouさん
おはようございますsun
貴重な梅雨の晴れ間ですね!

こちらこそ、いつもありがとうございます。
修善寺は、温泉?いいですね~ブログ、楽しみにしています。

では、お気をつけて行ってらっしゃいませ♪

投稿: Karen | 2008年6月24日 (火) 08時10分

Karenさんこんにちは!
僕はまだ積読してるんですが(汗)、
明日から読みます!!!
実生活で実行する、というのはなかなか難しいですが、お互い少しずつ頑張っていきましょうね☆
僕も積極的にフィードバックしていきます♪

投稿: てる | 2008年6月24日 (火) 23時33分

>てるさん
こんばんは。
私は、お風呂に持ち込んで読んでいます。
フレームワーク力、どんなことにも応用できる技だと思いました。
読んでから感想など、また聞かせてくださいね。私も少しづつアップします!

投稿: Karen | 2008年6月24日 (火) 23時46分

勝間さんの本は手触りまでいいのか・・(感心!)piscesしかもこの本を購入すると社会に還元できる!すばらしいですなあ。

投稿: まろん | 2008年6月29日 (日) 11時48分

>まろんさん
そうなの、今度触ってみてください!
今、感想まとめてるけど、気がついたら半分以上のページ折ってて、折る意味ないやん!って感じですー。それくらい、内容濃いということです♪

投稿: Karen | 2008年6月29日 (日) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Interview with Tadashi Yanai: CNN Talk Asia | トップページ | 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」サイン会 in Kyoto »