« 情熱大陸--勝間さん語録(これでも抜粋) | トップページ | 岡田斗司夫になるには、岡田斗司夫にならないと »

いつのまにかTOEICスコアアップ勉強法--Personal and Informal English Consultation

ブログを見にきていただき、ありがとうございますshine
このタイトルは・・・ある方の本からアイデアをいただきました。(笑)

(日本語訳は、下の「続きを読む」をクリックしてください。

Thank you for visiting my blog! 

In appreciation of your reading, I've come up with an idea of writing this post for English learners.  I would like to help readers, using my own experiences.  I got the inspiration for this post from a reader who asked me the following question: How did you learn grammar and build vocabulary?  (Thank you, A-san!) 

I didn't like English when I was studying it for college entrance exams.  I even hated the books designed to help us memorize words and idioms.  Those sentences in the books were too boring and just didn't make sense to me.  I had a terrible time learning new words and ended up being unable to have a passion for English at all.  Do you have same experience?   

After I had spent a month studying in the US, I started loving English and learning it quite intensively.  Ever since then, I've tried many different ways of studying English. That was just the first chapter of my story of love and hate: I've gone through numerous ups and downs in the process of learning English. 

If you are a struggling English learner and have any questions about how to learn, please comment on this post.  I will reply your comments in the comment section or write a new post to answer your question.  You don't have to fill out your email address nor your name.  However, if you use your nickname, that will be helpful for me when I comment.  Please note that it may take some time to answer depending on circumstances.  (I have multiple projects going on.  I must improve my productivity!) 

Feel free to ask me anything about English.  I will try to give my best shot.  As the title says, answers will be informal and based on my personal experiences.  I'm looking forward to hearing from you and being able to help you. 

Thanks.

Karen

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ

            
      

読んでくださった方へのお礼に、今までの英語大好き経験を活かして、何かできることはないかなと、この記事を書くことにしました。先日、プロフィールを見てくださった方から、「文法や単語を、どのようにして覚えましたか?」という質問があったのがきっかけです。(Aさん、ありがとうございました。)

受験英語は嫌いでした。英単語の参考書を使って覚えるのが苦痛というか、例文が全然おもしろくないし、意味をなさないという感じで。悲しいくらい暗記できなくて、英語を好きになれませんでした・・・。同じ経験をした方、いませんか?

その後、1か月の短期語学留学をしたら、英語が大好きになって、ちゃんと勉強をし始めました。それからは、ひととおり、いろんな方法を試してきました。スランプなんて、もう何回もありますよー。

英語の勉強法など、困っている!という方、ぜひコメント欄に書いてみてくださいpencil

お返事は、このエントリーにコメントでお答えするか、新しく記事を書くかのいずれかで、必ずいたします。メールアドレスの入力はなしで大丈夫です。匿名でもいいのですが、ニックネームを入れて頂きますと、助かります。実はいろいろ忙しくしていて、お返事に時間がかかることがあるかもしれません。その点はあらかじめご了承くださいconfident
(「できる人は忙しいと言わない」そうですね・・・効率化しないと!)


英語に関することなら、どんなことでも大歓迎なので、気軽にコメントしてください。
できるかぎり、わかる範囲内で、答えさせていただきたいと思います。
タイトルにもあるように、personal and informalになりますが、ご了承ください。

少しでもみなさんのお役に立てれば、と思っています
apple

Karen

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ
                                                            
                                                               

|

« 情熱大陸--勝間さん語録(これでも抜粋) | トップページ | 岡田斗司夫になるには、岡田斗司夫にならないと »

コメント

早速、英語勉強に関する記事を書いて下さってありがとうございます!

karenさんは留学されてから英語の勉強が苦ではなくなったんですね。
「好きこそものの上手なれ」じゃないですけど、好きだからこそ貪欲に勉強できるようになるんですね。

うんうん、僕もkarenさんのように英語日記が書けるようになりたいものです。

投稿: アツヒコ | 2008年5月15日 (木) 00時27分

マロンは英語の文章はなんとか読めるのに会話がほとんどできないことが悩みです・・。
karenちゃんが流暢にしゃべっているのをみて本当にすごいなと思ってますdog

投稿: まろん | 2008年5月15日 (木) 05時45分

>アツヒコさん
読んでいただいて、ありがとうございます!

仕事で英語を使わないといけない状況になる前に、英会話って楽しい♪という体験から入っていけたのは、ラッキーだったと思います。嫌いだと、苦行になっちゃいますもんね。

英語で日記を書くことは、英語力を上げるのにすごくいい方法じゃないかと思ってます。実は今、下書き中のネタです。(笑)

これから、「広げて」いきますので、よろしくお願いします。

投稿: Karen | 2008年5月15日 (木) 13時08分

>まろんさん
英語の文章が読めるということは、単語力もあるし、文法も理解しているということなので、絶対、まろんさんが思ってる以上に会話ができると思います!

話したい気持ちがあれば、大丈夫、と言いたいです。恋愛に限らず、その人を好きになる、興味を持つことで、うまくなるのかなと思います。単純だけど、自然にもっと話したくなってくる。気持ちを共有できて、ああ、同じ人間なのねーって思えるころには、かなり話せているはず。

会話ができるようになるコツも、私なりに考えをまとめて後日アップしますね!よかったら、また見に来てください。

投稿: Karen | 2008年5月15日 (木) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情熱大陸--勝間さん語録(これでも抜粋) | トップページ | 岡田斗司夫になるには、岡田斗司夫にならないと »