« I want to start running! 長谷川理恵さん・谷川真理さんトークショーその2 | トップページ | 6 Reasons to Blog in Japanese 英語ブログ更新のお知らせ »

7 Reasons to Blog in English 英語でブログを書くべき7つの理由

追記pencil日本語訳をつけました。下の「続きを読む」をクリックしてください。

英語でブログを書いてみたいと思ったことはありませんか?
勉強法についてのエントリーを先日書きましたが、今日は、英語でブログを始めると、こんないいことがありますよーというのを、7つ挙げてみました。

英語のブログを始めたいと思っている方も、そうでない方も、コメント大歓迎ですshine

******************************************************

Have you ever hoped to blog in English?  You can open your English blog even today if you decide you should do so no matter how poor you think your skills are.  Your English blog will accelerate your learning, believe me.  Here are the reasons why:

1. Have more opportunities to use English
As you probably know, it is crucial to use English to maintain and develop your skills.  Going to an English conversation school?  Of course, that's a good way to express yourself in English.  So, how many hours a week do you speak English?  I assume most of you attend 1-2 times a week and spend an hour or so for each lesson.  Yes, having lessons with native English-speaking teachers is simply fun.  I know that from my own experience.  It's totally different from what we had in high school English class. 

However, I would like you to note that taking lessons is not the only way to use what you learned.  And it is not enough unless you have a private teacher 24/7. To blog in English, you don't have to buy textbooks, pay a large amount of money for school, or make a reservation for a lesson.  Blogging provides you with virtually free and convenient lessons exclusively for you.

2. Get active
Blogging is active.  You write about what you are passionate about.  It's a lot more exciting than reading articles, highlighting new words.  Reading is entertaining but somewhat passive.  Learning English tends to be filled with passive activities and it often gets boring.  To keep motivated, you need to make your learning varied by doing many different kinds of practices.  To increase hours to do something active, blogging is a must-try.  What you need to do is just follow your heart, be real, and write about your own ideas that come from within.

3. Learn a lot by having your readers
Do you keep a journal in English either in analog form or digital one?  Then,who are the readers?  Probably your are the only reader.  I had been writing a journal in English for years, doing "fast-writing," that is what I learned from my college English professor.  It's an innovative way in which you never use your dictionary without worrying about grammar or spelling.  You just jot down ideas as they pop up in your mind. 
Although this is a great idea not to slow down your writing, there is a limit to how much you learn by fast-writing.  You can't check if your writing is grammatically correct or not.  You depend on words and phrases that you already know. 

While keeping a journal is personal, blogging is public and you have your readers.  So, you will have a little more pressure from them.  This will impact you in a positive way.  If you want to write quality posts, you may want to use your dictionary to avoid mistakes , check your sentences by google, and go on to
Thesaurus.com and/or Eijiro.  This will enable you to expand your vocabulary and improve your grammar significantly.

4. Answer a pile of questions
It's a great opportunity for you to solve your "How do you say this in English?" questions.  These kinds of questions tend to pile up horrendously.  You may even forget what your questions are.  You have to answer your questions when you write a post in English.  It takes longer than you expect.  It is frustrating to realize that your English skills are poorer than you imagined.  This process may not sound pleasant for you, but it is a necessary step toward proficiency if you have a feeling that your vocabulary is limited and your grammar is weak.  You can't be fluent in a language if you leave questions unsolved.  You will consequently learn how great it feels when you tackle and solve these questions.  You will feel refreshed and become wiser, too.

5. Interact with the rest of the world (for free!)
Break the language barrier so that your blog will appeal to a larger audience.  There are plenty of opportunities out there for English-speaking bloggers.  You can gain new ideas through your own media, your blog, by communicating with non-Japanese speakers.  Thanks to the Internet, it's free to talk to people from all over the world now.  You don't have to buy an air ticket to share thoughts and information globally.

6. Learn English on a regular basis
The more you blog, the more traffic to your blog you come to want to get.  One of the tips to gain more readers is to post frequently.  Writing more posts in English means you will spend more time not only writing but also learning new words and phases as I explained in #3.  By posting 2-3 times a week, you will probably spend at least 4-6 hours being focused on using English, maybe thinking in English.


7. Have a positive cycle of blogging in English
Once you start blogging, I'm sure your English skills will improve.  Once-tough English articles have gradually become simple and easy to read.  If you develop your reading skills, you may want to check out useful blogs, such as
ProBlogger.  You will probably apply these tips to have more traffic coming to your blog.  If you see good results, you will probably want to blog more in English.  This will definitely motivate you tくo work hard and keep learning.  Blogging in English will help you  find useful tips online, which are mostly written in English.  By blogging in English, you are learning not just English but also something useful that will make your life more fulfilling.

So, what do you think?  Do you want to give it a try now? 
Please let me know when you open your English blog!

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ
                                                            

英語でブログを書いてみたいと思ったことはありませんか?英語力に自信がなくても、その気になれば、今日からでも始められます。英語でブログを書くと、英語の勉強スピードが加速する、こんないいことがある、というのを私なりにまとめてみました。

1.英語を使う機会が増える
インプットした知識を定着させるには、アウトプットする、実際に使ってみることが大事だって、よく言われますよね。アウトプットのために、英会話スクールに行っている人も多いかと思います。もちろん、自分を表現できるので、いいと思います。ただ、実際どのくらい時間をかけてるかというと、たぶん、週に1-2回通って、それぞれ1時間くらいのレッスン、という感じでは?確かに、ネイティブの先生のレッスンを受けるのは、すごく楽しいですよね。私も、自分の経験から、よーくわかります。高校でならった英語の授業とは、全然違いますし。

でも、英会話だけがアウトプットする場ではない気がするのです。英会話だけに頼ると、圧倒的にアウトプットの時間が足りないのではないかと思います。毎日いつも、自分専属の先生がいれば、別なのですが・・・。英語でブログをやるにあたって、テキストを買う必要もないですし、スクールに高い入学金・授業料を払わなくていいですし、レッスンの予約をする必要もありません。ブログなら、ほとんど無料に近いし、自分の都合に合わせて、自分だけのレッスンがいつでも受けられる感じです。

2.能動的になれる
ブログは、能動的です。能動的というと、かたいかもしれませんが、自分から発信する、という意味です。ブログなら、自分が書きたいと思っていることを自由に書ける。わからない用語を蛍光ペンでチェックしながら、英文を読むのに比べると、はるかに楽しいです。記事を読んだり読書をするのは、楽しいのですが、どちらかというと、受け身。英語を勉強していると、気がついたら、インプットに偏っていた、なんてことありませんか?そうなると、飽きてしまいがち(私はそうです)。モチベーションを維持するためには、勉強メニューにいろいろなものを取り入れてみるのが大切だと思います。自分で発信する時間を増やすために、ぜひ英語のブログを試してみてください。自分の心のおもむくままに、ありのままに、心に浮かんだ考えを書いていくだけなんです。

3.読者がいることで、学びが加速
アナログまたはデジタルで、日記を書いていますか?誰がその日記を読んでいるかというと、普通は自分だけですよね。私は大学の授業で習った、「ファスト・ライティング」というやり方で、ずっと英語の日記を書いてきました。辞書を使わない、文法もスペルも気にしない、ただ自分の気持ちや考えを一気に書いていきます。ペースダウンしないし、すごくいいやり方なんですが、限界があることに気付きました。まず、文法的に間違っていないか、確認することがない。それと、すでに知っている単語や言い回ししか、使わないことになる。だから、新しい表現を学ぶことがないんです。

日記は自分だけの、個人的なもの。でもブログは、公開すれば、読んでくれる人がいる。自分の書いたものが読まれるとなると、ちょっとしたプレッシャーになる。それは、いい意味の、プレッシャー。ちゃんとしたものを書きたいと思ったら、辞書で調べたり、グーグルで文章チェックをしたり、類義語辞典や、英辞郎で調べたくなってきます。やっぱり、間違えたくはないので。(間違いを怖がらないで、と言いたいのですが・・・。話すときは、気にする必要はないと思ってます。)こういう作業をすると、語彙がとにかく増えて、文法力もついてきます。

4.溜まったもやもやを一掃する
英語でブログを書くと、「これ英語でなんて言うのかな?」という疑問が解決します。わからないことは、ついそのままにして、いつのまにかすごい量が溜まってしまいがち。何がわからなかったのかさえ、忘れてしまった・・・なんてことも。英語でブログを書こうと思ったら、自分の疑問点をどうしてもやっつけないといけない。ひとつひとつ問題をつぶしていくのは、予想より時間がかかるし、思っていたより英語できないんだーなんて、くやしくなったりします。(私は、毎回そうです!)ああ、そんな苦行はしたくないなーなんて思うかもしれません。でも、英語がうまく(しかも、できるだけ早く)なるためには、これは避けては通れない、と私は思います。ボキャブラリーが不足しているなと感じたり、文法が苦手だなと思っている人は、(ごめんなさい)特にそうかなと思います。こうやってコツコツやっていくうちに、もやもやしていたことが理解できるのって気持ちいい!となってきます。すごく、すっきりします。ついでに、賢くもなっちゃいます。

5.世界中の人と、コミュニケーションができる(しかも、無料で!)
言葉の壁を乗り越えられると、もっとたくさんの人にブログを読んでもらうことができます。日本語だと、基本日本人だけが読むと思うのですが、英語で書くと、ターゲットが世界になるということで、チャンスも増えていく気がします。自分のブログに、日本語以外を話す人がコメントしてくれたりすると、新鮮なアイデアをもらえるかもしれません。インターネットのおかげで、世界中の人と話すのに、お金がかからない時代。考えや情報を外国人とシェアするのに、飛行機に乗る必要がない。ブログを使わない手はない!

6.勉強のペースが作れる
ブログを続けていると、もっとたくさんの人に読んでもらいたいと、欲が出てくるものです。
アクセス数を増やすコツのひとつは、頻繁にアップすることだそうです。英語のブログを頻繁に更新するということは、英語を書く時間だけでなく、新しい単語や表現を学ぶ時間も増えるということです(上の3で説明したように)例えば、週に2-3回ブログを更新したとすると、少なくとも、4-6時間、英語に集中して、英語で考えている時間を作っている、ということになります。

7.英語のブログが生み出す好循環
英語でブログを始めると、きっと英語がうまくなっていくと思います。難しかったはずの英語の記事が、すいすい読めるようになったり。リーディングスキルが上達すると、海外の役立つブログを読んでみたくなるかもしれません(ProBloggerとか)。そこで得られた情報を自分のブログに活かしてみると、アクセス数が増えるかもしれないです。反響がいいと、もっとブログを書きたくなる。がんばろうって思えるし、勉強のモチベーションも保てる。英語でブログを書くことは、ネット上でいろんなお役立ち情報を探すことに繋がってくる。そういう情報は、ほとんど英語で書かれているのが現状。英語がうまくなるだけでなく、人生を充実させるコツも得られるという、英語でブログは、まさに一石二鳥なんです。

いかがでしょうか?英語でブログ、始めてみたくなりませんか?
英語のブログを開設したら、ぜひ教えてくださいね!

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ
                              
                       

|

« I want to start running! 長谷川理恵さん・谷川真理さんトークショーその2 | トップページ | 6 Reasons to Blog in Japanese 英語ブログ更新のお知らせ »

コメント

世界中の人と、コミュニケーションができるってとこが、ああ・・なるほどなって思っちゃいました。(他のとこももちろんなるほどですっ)karenちゃんはいろいろな国にお友達がいるものね・・。このブログも世界中に繋がっていくと思いますribbon

投稿: まろん | 2008年5月26日 (月) 22時19分

>まろんさん
このブログ、アクセス国・言語をチェックしたら、ほとんど日本で、Englishが4.0%,German,Spanish,Chinese, Finnish,Hungarianが、ほんのすこーしありました。
英語の姉妹ブログのほうが、Bloggerだからかな、海外の人に見てもらえるみたいです。

投稿: Karen | 2008年5月27日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« I want to start running! 長谷川理恵さん・谷川真理さんトークショーその2 | トップページ | 6 Reasons to Blog in Japanese 英語ブログ更新のお知らせ »