« お花見 Cherry Blossom Viewing | トップページ | 勝間式「利益の方程式」 良いのは装丁だけではなかった(当然ですが) »

佐倉城址公園の桜・ジョセフ・ヒコとセレンディピティ Sakura Castle Park, Joseph Hiko, and Serendipity

Blogsakura The English translation of this post is shown below. 

3/29の土曜日に撮影した、佐倉城址公園の桜です。お天気が良くて、お花見日和でした!  桜の写真は、見たままの色を出すのがほんとうに難しい・・・。自宅に帰ってから、撮影のコツを検索しました。次の機会に試してみようと思います。

佐倉城址公園を散策していたら、隣に国立歴史民俗博物館があったので、寄ってみることにしました。私は、美術館でもそうなのですが、全体をまんべんなく同じペースで見て回るのではなく、ざーっと歩いて、目に留ったところをじっくり見る、という歩き方をします。今回、滞在時間が一番長かったのは、「漂流民」の展示です。「ジョセフ・ヒコ」という名前を初めて知りました。

漂流民といえば「ジョン万次郎」しか知らなかったのですが、このジョセフ・ヒコ、すごい人です。日本がまだ鎖国をしていた時代、13才で未知のアメリカにたどり着いて英語を学び、帰国して日本初の新聞を発刊。リンカーン大統領と会見。日本とアメリカを行ったり来たりするなど、波瀾万丈の人生を歩んだようです。詳しくはこちらこちらをご覧下さい。

現在私たちの多くは、こうしてネットで世界中の情報を検索することができ、電子辞書もあり、英語の音声素材も簡単に手に入り、海外にも行くことができます。私も含めて、どれだけ、その状況を活かしきれているか?ということを考えました。アメリカに漂着したのは自分の意志で選んだことではなかったとしても、ジョセフ・ヒコには、セレンディピティ(何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能)があった。しかも、かなり高い能力が。ただ、あの時代に彼のような人は、苦労はつきなかったと想像します。

のんびりと桜を見るだけのつもりが、思いがけない発見がありました。

これも、セレンディピティ?

                                                                                                         
This picture was taken on last Saturday, March 29, at Sakura Castle Park, Chiba.  It was a sunny, perfect day for cherry blossom viewing.  I find it difficult to capture the color of cherry blossoms on photos just like I see them.  After I went home that day, I googled tips to take great photos of cherry blossoms.  I will definitely try them next time. 
                                                                                                               
While strolling in the park, we found out that National Museum of Japanese History is located right next to the park, and we decided to drop in.  When I go to museums, I usually don't sweep across the whole museum, spending the same amount of time for each display.  Rather, I simply walk around, browsing paintings and exhibitions.  When something catches my eye, I stop to appreciate it, taking a fairly large amount of time.  The display that I spent time most at the National Museum was about "Japanese Castaways."  I just learned about one of them, Joseph Hiko/Joseph Heco. 
                                                                                                               
When it comes to Japanese castaways, the famous John Manjiro was the only name that I remembered prior to my visit to the museum.  Turns out, this "newly discovered" Joseph Hiko really rocks.  When Japan was closed off to the outside world, he ended up landing in the US at age 13 after drifting.  He learned to speak English, published Japan's first newspaper, met with President Lincoln.  He spent an extraordinary life, going back and forth between Japan and the US.  For more details, please refer to this link: http://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_Heco
                                                                                                         
In today's global information society, many of us access plenty of information all around the world and have Japanese-English electronic dictionaries handy.  English audio books and pod casting are easily accessible.  Going abroad is no longer unusual.  Having learned about Joseph Hiko, I wonder how much we make the most of these convenient tools and opportunities.  Even though Hiko's going to the US was not by design but by coincidence, it is obvious that he had serendipity, the natural ability to make interesting or valuable discoveries by accident (Longman Dictionary of contemporary English).  And his ability was way high.  I assume that he lived a fruitful life but the road was a tough one because he was too progressive during that time period. 
                                                                                                                     
I was going to spend the afternoon relaxing and viewing beautiful cherry blossoms; however, I ended up gaining a fresh insight, which means I have serendipity?  (I hope so).
                                                                                                          

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ
            

|

« お花見 Cherry Blossom Viewing | トップページ | 勝間式「利益の方程式」 良いのは装丁だけではなかった(当然ですが) »

コメント

桜の写真、とても良く撮れてるよっ。
歴博は何回か行っているけど、ジョセフヒコじゃ初めて知りました。
ちなみにまろんは近代で木村伊兵衛の写真のとこがお気に入りです。

投稿: まろん | 2008年3月31日 (月) 22時39分

>写真、褒めていただいて、ありがとうございます☆
木村伊兵衛・・・はて?日本人なのに、日本史にあまり詳しくなくて。

->調べました。有名な写真家なんですね。次回行くときに、見てきます。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E4%BC%8A%E5%85%B5%E8%A1%9B

投稿: Karen | 2008年4月 1日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お花見 Cherry Blossom Viewing | トップページ | 勝間式「利益の方程式」 良いのは装丁だけではなかった(当然ですが) »