« 勝間和代さんがJ-WAVEに | トップページ | 前向きな気持ちになれる Steve Jobs' 2005 Commencement Address »

新インディ探しの旅

追記: 勝間さんのブログに、リンクを貼っていただきました。また、ディスカヴァーの干場社長から詳しい説明のコメントをいただきました。本当にありがとうございました。
こちらに、感想とサマリーを載せてあります。海外にお住まいの方など手に入りにくい方に、お手元に届くまでの間、雰囲気でも伝わればうれしいです。
----------------------------------------------------------

すでに旧インディは読んでいるのですが、アメリカに住んでいる友人(勝間和代さんのファン)に、新インディをプレゼントしようと思っていました。「あの白いカバーが店頭に並ぶと、どのように見えるのか」確認したくなって、あえてアマゾンに注文しないで、昨日ふらっと地元の書店に行ってみることにしました。(都内に通勤する人の多い、ターミナル駅です)

ない、ない、本当にどこにも、ない。 A書店にも、S書店にもなく、Sでは入荷予定日は全くわからない、取り寄せに2週間ほどかかる場合もあると言われ…。AもSも、「大型書店」なんだけどなぁ。

これからアマゾンでオーダーしても、届くのはあさって…。一日でも早く、友人に送りたい。私も見たい。今日どうしても欲しい。

行きました、勝間本の聖地=丸善丸の内本店に。快速電車に乗って、川を越えて。ありました、たくさん。100冊以上。なんなんだ、この地域格差は。1F入り口付近の「勝間本コーナー」に20冊ほど、柱を隔てたビジネス書コーナーの一角には100冊ほど、平積みされていました。私が店内にいる間、勝間本コーナーには常に誰かしらいる状況。勝間さんがブログで話していた、「新インディを立ち読みする男性」を2名目撃。「この本、いいですよ~」と念を送ってみたのですが、残念ながら購入には至らず。(念が強すぎた?)

この丸善で秀逸なのは、勝間本コーナーに、「グーグル化で勝間さん紹介の本はこちら」と、店内地図入りの手書きPOPがあること。これが前述の、「柱を隔てたビジネス書コーナー」で、リアルリンクが貼ってあるようです。あちこち店内をうろうろしなくても、勝間さんオススメの本がぱっと見つけられて、まとめ買いもできで、いいですね!(こうやって、本って売るんだ・・・)

この「勝間さん紹介の本しかないコーナー」では、男性2人が真剣に吟味中。すいません、ちょっとその本取らせてください~という感じで私も参入。その後、「お金は~」を熱心に立ち読みする女性も。「このお値段でこの内容はお買い得ですから、立ち読みすると足も疲れますし、ささっと買っちゃって、じっくり読んでいただくのが、よろしいかと・・・」と、思わず言いたくなりました。

これは丸善丸の内本店さんへの提案なのですが、この勝間本リンクコーナーを、さらに進化させて、洋書やAudiobookコーナーを作ってみたらどうかなと思いました。(1Fは無理でも、4Fに設けるとか)実は今回、この紹介本コーナーで「第一感」を見て、「あ、そうだ。ペーパーバックの原書を買おう」と思い立ち、4Fに買いに行ったのです。勝間さんの著書を読んでいる方には、英語を勉強されてる人も多いかと思います。紹介された本の原書にあえてチャレンジしたい、でも立ち読みしてから買いたいという人もいるかもしれないですし。

ちなみに、丸善丸の内本店、大好きです。品揃え、店員さんの気持ちの良い対応、見やすさ、明るさ、アメリカの書店のような洋書コーナー。(レンガ色の東京駅が見えて、雰囲気あります)4F洋書→3F写真集→1Fビジネス・・・と上からぐるっとまわってくると、2時間たっているということも。店内の様子は、一部こちらのフラッシュで見ることができます。                                                     

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 22)      

|

« 勝間和代さんがJ-WAVEに | トップページ | 前向きな気持ちになれる Steve Jobs' 2005 Commencement Address »

コメント

ディスカヴァーの干場です。
申し訳ございませんでした。当初の予想を大幅に上回る売れ行きで、現在、大増刷中。最初は、限られた書店にのみの展開になっていました。3月下旬には、かなりの書店様に入れますが、それでも、小社、直取引と言って、全国16000件の書店のうちの大手4500店ほどのみのとりひきのため、ひょっとしたら、お近くの書店にはなかったのかもしれません。
わざわざ丸の内まで行かれたとのこと、本当に申し訳ございません。でも、このブログは、営業担当者を通じて、丸の内丸善さんに読んでいただくようにしたいと思います。ご提案、ありがとうございました!

投稿: 干場弓子 | 2008年3月14日 (金) 00時43分

本探し、大変だったのですね・・・本当にありがとうございます。手に取るのが本当に楽しみです。が、無理のないようにお願いします。もうホント、気持ちだけですごく感謝してますから!

思えば、(と、いきなり「遠い目」モード(笑))初めてお会いしたころから、いつもKarenさんは役立つ情報があると教えてくれましたよね。だから「わたしも何か役立ちそうなことがあったらお知らせしたいな」なんて思っていたことを思い出しました。そんなKarenさんらしいブログに育っていきそうですね。このブログを通じてよい輪が広がっていきますように♪

(ちょっと家でばたばたすることがあって、わたしの日記にリンク貼れてないのですが、貼れたらまた連絡します。)

投稿: はな | 2008年3月14日 (金) 07時35分

>干場さん
ていねいなご説明を、本当にありがとうございます。書店と出版社の取引関係や最初に刷る数、などの事情を理解していなかったため、短絡的に「どうしてこんなに違いが?」と思ってしまったのです。確かに快速電車には乗りましたが、往復の車内でこのエントリーを書きあげられたので、充実した楽しい旅になりました。丸善丸の内店さんへのご連絡、ありがとうございます。ディスカヴァーさんの本は、「勝間本」以前から購入しています。これからも、わくわくする本を楽しみにしています!

投稿: Karen | 2008年3月14日 (金) 10時04分

>はなさん
気を遣わせてしまって、かえってごめんなさい!ディスカヴァーの千場社長がおっしゃっているように、取引の事情があることと、勝間さん人気がとにかくすごい、ということなのです。日本からアメリカにパワーを送りまーす!(アメリカの紀伊国屋や三省堂などでも、新インディを待ち望んでいる方、たくさんいるでしょうね)はなさんにあの時、あのスクールで声をかけて頂いたことは、私にとって最大の幸運のひとつです。いつも、ありがとうございます。

投稿: Karen | 2008年3月14日 (金) 10時14分

すてきなブログですね!私も開こうと思っているので、参考にさせていただきますね。

ちょっと残念なのは
直接入力できないこと(別画面に入力して貼り付けました)。白文字は透過光の液晶では見にくい事(文字に色ふちをつけてはいかがでしょう?)

投稿: ボサノバ | 2008年3月14日 (金) 16時56分

>ボサノバさん
コメント、ありがとうございます♪
そうですね、白文字はチカチカして読みにくかったですね・・・目を疲れさせてしまってごめんなさい。他の方も、きっと読みにくかったですね。本文のフォントの色を変えてみました。コメントの色は、このテンプレートのままだと、残念ながら変えられないようです。(いろいろ、試してみます)直接入力できないことについては、調べてみますね。本当に貴重な提案をありがとうございました! 先週始めたばかりで、ひとつひとつの作業が、まだ、えーっと・・・って感じです。ボサノバさんも、近くブログを開かれるとのこと。お互い、楽しくやっていきましょう!

投稿: Karen | 2008年3月14日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝間和代さんがJ-WAVEに | トップページ | 前向きな気持ちになれる Steve Jobs' 2005 Commencement Address »