トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

佐倉城址公園の桜・ジョセフ・ヒコとセレンディピティ Sakura Castle Park, Joseph Hiko, and Serendipity

Blogsakura The English translation of this post is shown below. 

3/29の土曜日に撮影した、佐倉城址公園の桜です。お天気が良くて、お花見日和でした!  桜の写真は、見たままの色を出すのがほんとうに難しい・・・。自宅に帰ってから、撮影のコツを検索しました。次の機会に試してみようと思います。

佐倉城址公園を散策していたら、隣に国立歴史民俗博物館があったので、寄ってみることにしました。私は、美術館でもそうなのですが、全体をまんべんなく同じペースで見て回るのではなく、ざーっと歩いて、目に留ったところをじっくり見る、という歩き方をします。今回、滞在時間が一番長かったのは、「漂流民」の展示です。「ジョセフ・ヒコ」という名前を初めて知りました。

漂流民といえば「ジョン万次郎」しか知らなかったのですが、このジョセフ・ヒコ、すごい人です。日本がまだ鎖国をしていた時代、13才で未知のアメリカにたどり着いて英語を学び、帰国して日本初の新聞を発刊。リンカーン大統領と会見。日本とアメリカを行ったり来たりするなど、波瀾万丈の人生を歩んだようです。詳しくはこちらこちらをご覧下さい。

現在私たちの多くは、こうしてネットで世界中の情報を検索することができ、電子辞書もあり、英語の音声素材も簡単に手に入り、海外にも行くことができます。私も含めて、どれだけ、その状況を活かしきれているか?ということを考えました。アメリカに漂着したのは自分の意志で選んだことではなかったとしても、ジョセフ・ヒコには、セレンディピティ(何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能)があった。しかも、かなり高い能力が。ただ、あの時代に彼のような人は、苦労はつきなかったと想像します。

のんびりと桜を見るだけのつもりが、思いがけない発見がありました。

これも、セレンディピティ?

                                                                                                         
This picture was taken on last Saturday, March 29, at Sakura Castle Park, Chiba.  It was a sunny, perfect day for cherry blossom viewing.  I find it difficult to capture the color of cherry blossoms on photos just like I see them.  After I went home that day, I googled tips to take great photos of cherry blossoms.  I will definitely try them next time. 
                                                                                                               
While strolling in the park, we found out that National Museum of Japanese History is located right next to the park, and we decided to drop in.  When I go to museums, I usually don't sweep across the whole museum, spending the same amount of time for each display.  Rather, I simply walk around, browsing paintings and exhibitions.  When something catches my eye, I stop to appreciate it, taking a fairly large amount of time.  The display that I spent time most at the National Museum was about "Japanese Castaways."  I just learned about one of them, Joseph Hiko/Joseph Heco. 
                                                                                                               
When it comes to Japanese castaways, the famous John Manjiro was the only name that I remembered prior to my visit to the museum.  Turns out, this "newly discovered" Joseph Hiko really rocks.  When Japan was closed off to the outside world, he ended up landing in the US at age 13 after drifting.  He learned to speak English, published Japan's first newspaper, met with President Lincoln.  He spent an extraordinary life, going back and forth between Japan and the US.  For more details, please refer to this link: http://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_Heco
                                                                                                         
In today's global information society, many of us access plenty of information all around the world and have Japanese-English electronic dictionaries handy.  English audio books and pod casting are easily accessible.  Going abroad is no longer unusual.  Having learned about Joseph Hiko, I wonder how much we make the most of these convenient tools and opportunities.  Even though Hiko's going to the US was not by design but by coincidence, it is obvious that he had serendipity, the natural ability to make interesting or valuable discoveries by accident (Longman Dictionary of contemporary English).  And his ability was way high.  I assume that he lived a fruitful life but the road was a tough one because he was too progressive during that time period. 
                                                                                                                     
I was going to spend the afternoon relaxing and viewing beautiful cherry blossoms; however, I ended up gaining a fresh insight, which means I have serendipity?  (I hope so).
                                                                                                          

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ
            

| | コメント (2)

お花見 Cherry Blossom Viewing

Blogchidorigafuchi1 Blogchidorigafuchi2_4 東京の桜が満開になりました!

(The English translation of this article is shown below.)

お花見でおすすめの場所は、千鳥ヶ淵です。2005年の春から、毎年かかさず行っています。お堀に下がって咲く大きな桜の木が、なんとも言えない迫力です。今年は、まだ行っていなくて、いつ行こうか考え中です。

土日は、ものすごい混雑です。平日も、晴れた日の午後は、混んでいます。緑道の入り口付近に、人が溜まりがち・・・。平日の早朝、8時前くらいなら、空いてていいですよ~。通勤で立ち寄れそうな方なども、ほんとうにすがすがしいので、ぜひ。

(これは、去年の3/30に撮影したものです)

Visiting Tokyo for cherry blossom viewing?  You are so lucky because cherry blossoms are just in full bloom here in Tokyo! 

Sakura(cherry blossoms) at
Chidorigafuchi is a must-see during this season.  You will be touched by the gorgeous cherry trees alongside the moat around the Imperial Palace.  I've been in love with the view since 2005, and visit there every year. 

Chidorigafuchi is one of the most famous cherry blossom viewing spots in Japan.  Be aware that it's very, very crowded on weekends.  It can get pretty crowded even on weekdays, especially during sunny afternoons.  An early morning visit on a weekday is perfect to enjoy the beauty, serenity, and crisp air.  It's worth getting up early for!         

(The pictures were taken on March 30, 2007)

                                                                                                                      

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ
            

| | コメント (2)

前向きな気持ちになれる Steve Jobs' 2005 Commencement Address

AppleのCEO、Steve Jobsが2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです。最初に聴いたときは、自分宛のメッセージ?と勝手に思うくらい、感動しました。特に好きな部分は・・・

you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

過去に経験したことが、その時は将来何の役に立つのかわからないことでも、後になって繋がってくる。 そうなると、信じること。 自分の直感、運命を信じて。 この考え方のおかげで、落ち込まずに済んだし、人生を大きく変えたと思う。(意訳)

あのSteve Jobsも、いろいろあって今があるんだね・・・。(友達みたいに馴れ馴れしい言い方)発音もクリアで聴きやすいと思います。英語の勉強をしながら、テンションもあがるので、お得です! しかも、無料。

ダウンロードするには、iTunes Stores>iTunes U(左上にある)>Stanford

または、このリンクからTop Downloadsの第一位にランキングされています。 スクリプトもあるので、ディクテーションして答え合わせをすることができます。

このサイトのBusiness>Social Entrepreneurshipというカテゴリーには、最近話題の「社会起業家」のスピーチがたくさん入っていて、これもなかなか聴きごたえがあります。


ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple

にほんブログ村 英語ブログへ

            
 

| | コメント (10)

新インディ探しの旅

追記: 勝間さんのブログに、リンクを貼っていただきました。また、ディスカヴァーの干場社長から詳しい説明のコメントをいただきました。本当にありがとうございました。
こちらに、感想とサマリーを載せてあります。海外にお住まいの方など手に入りにくい方に、お手元に届くまでの間、雰囲気でも伝わればうれしいです。
----------------------------------------------------------

すでに旧インディは読んでいるのですが、アメリカに住んでいる友人(勝間和代さんのファン)に、新インディをプレゼントしようと思っていました。「あの白いカバーが店頭に並ぶと、どのように見えるのか」確認したくなって、あえてアマゾンに注文しないで、昨日ふらっと地元の書店に行ってみることにしました。(都内に通勤する人の多い、ターミナル駅です)

ない、ない、本当にどこにも、ない。 A書店にも、S書店にもなく、Sでは入荷予定日は全くわからない、取り寄せに2週間ほどかかる場合もあると言われ…。AもSも、「大型書店」なんだけどなぁ。

これからアマゾンでオーダーしても、届くのはあさって…。一日でも早く、友人に送りたい。私も見たい。今日どうしても欲しい。

行きました、勝間本の聖地=丸善丸の内本店に。快速電車に乗って、川を越えて。ありました、たくさん。100冊以上。なんなんだ、この地域格差は。1F入り口付近の「勝間本コーナー」に20冊ほど、柱を隔てたビジネス書コーナーの一角には100冊ほど、平積みされていました。私が店内にいる間、勝間本コーナーには常に誰かしらいる状況。勝間さんがブログで話していた、「新インディを立ち読みする男性」を2名目撃。「この本、いいですよ~」と念を送ってみたのですが、残念ながら購入には至らず。(念が強すぎた?)

続きを読む "新インディ探しの旅"

| | コメント (6)

勝間和代さんがJ-WAVEに

追記: 3/15に勝間さんが出演されたJ-WAVEの内容が、あすくんさんのブログで、とても読みやすくまとめられています。私がこれから時間をかけてまとめる意味は、ない、って感じです。聴けなかった方は、こちらをオススメします。

------------------------------------------------------------------

3/15土曜日、22:00-22:54、J-WAVEの「Make IT 21」に、勝間さんが出演されるそうです。先週、たまたま久しぶりにこの番組を聴いていたら、「来週は勝間和代さんです。自分をグーグル化するとはどういうことなのでしょうか?」と聞こえてきました。普段あまりラジオを聴かない方にもお知らせしようと思いまして。

この番組は「聴くビジネスマガジン」といって、過去には神田昌典さん、和田裕美さん、などなど、起業家やビジネス書の著者、最近では社会起業家の山口絵理子さん(株式会社マザーハウス代表取締役)が出演されています。本を読んでもいい影響は受けますが、声を聴くと印象により強く残る気がします。ラジオなので、誰でも気軽にセミナーを聴けるようで、いいですね。いつも、聴きごたえがあります。(ショーンKさんの声がすてき)

| | コメント (2)

ブログの心得 Blog Dos and Don'ts: Share Your Stories

The English translation of this entry is shown below.

先日、弟と、この誕生したばかりのブログについて話していました。弟は、もう3年ブログをやっています。私が勝手に思っていたのと違って(失礼)、けっこう真面目にブログを書いていて、コツをいろいろアドバイスしてくれました。

例えば・・・

記事の長さには気をつける。(長すぎると、読みにくい)

読んでもらうために、タイトルには気をつける。(目を引くものにする。本文は、最初の一文が大事)

ブログに書こうと思うことを、日頃からノートに書いておく。(彼曰く、「ネタ帳」)        

弟が熱く語るのを聞いて、すごくびっくりして、圧倒されちゃいました。ブログ、思っていたより、大変そうだなー、と。                          

みなさんは、なにかブログの心得のようなものはありますか? どんなことに気をつけていますか? 

「ネタ帳」のようなものを持っていますか? 

書いてすぐにアップしますか? それとも、少し時間を置きますか? 

こんなに心配しすぎないで、「とりあえず、やってみる」べきですか?

本当にどんなことでもいいので、ぜひアドバイスをお願いします!

    

A couple of days ago I was talking about this newborn blog with my brother, who has been blogging for three years now.  Contrary to my expectations, it turns out that he is quite serious about it and gave me some  pointers on how to make a good blog. 

For example, he cares about the length of each article for easy reading.  He points out the title is very important to grab his readers' attention.  (Opening lines really matter.)  He even keeps a notebook handy to jot down potential blog topics.  It's called "neta cho."  I'm literally astonished to hear his enthusiastic talk. Some of his tips never even occurred to me!

To my fellow bloggers: Do you have any dos or dont's about blogging to share?  What kind of things do you care about when you write?  Do you write down your ideas in a notebook or something?  Do you write an entry and post it immediately or wait awhile?  Should I stop worrying so much and "Just Do It"?  What do you think?

Any comments are absolutely welcome.
Thank you!

Karen

ここまで読んでいただき、ありがとうございますshine
英語ブログのランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになりますapple


にほんブログ村 英語ブログへ
            

| | コメント (6)

新インディ=「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」

新インディとは、勝間和代さんの「インディでいこう!」が加筆のうえ、今回携書として発売された、「勝間和代のインディペンデントな生き方」のことです。私がオリジナルの「インディでいこう!」を買ったのは、昨年10月。勝間和代さんのセミナーの予習のために、当時発売されたばかりの「時間投資法」を買おうと書店に行ったのですが・・・。黄色にシルバーの星がキラキラ光っている「インディでいこう!」に思わず目が。(キラキラ好き)「ナチュラル&インディペンデント」というフレーズが気になって、こちらを先に買って読んでみることに。

「インディ」とは・・・

私らしく自然体で生きている

年収は600万円以上

自慢できるパートナーがいる

学び続けている

年をとるほど、すてきになったって言われる

毎日が楽しい

愚痴を言わない

これを読んで、「年収600万以上かぁ。うーん。」と思ったものの、勝間さんの提唱するナチュラル&インディペンデントな生き方は、まさに追い求めていた姿。それなのに、今の私はウエンディそのもの。ウエンディとは、精神的・経済的に自立できていない、インディの対極にいる存在で、年をとることがコワイという・・・。どうすればいいのか?

勝間さんは、ちゃんと、「インディになるための6つの約束」を紹介されています。                                        

続きを読む "新インディ=「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」"

| | コメント (1)

勝間さん・山田さんの、トークショー前半よりさらにおもしろかった、  質疑応答

前回のエントリーの続きです。後半の質疑応答では、全部で10の質問に答えて頂きました。6番目の質問は、私がお聞きしたものです。長ーいですが、楽しんでもらえるとうれしいです。

(トークショー前半については、こちらをご覧下さい)

-------------------------------------------------------------------

質問1
Y 今回の質問は、回収率8割でした!休憩時間の間、勝間さんと集計していたのですが、いい質問ばかりで。

K まずは、一番多かった質問から。公認会計士をいつ頃めざしたのですか?どうして公認会計士になろうと思ったのですか?

Y 僕は大学で歴史・哲学を勉強したので、一番古文書の読める会計士ですね。お宝鑑定団、みたいな。新卒で、ある会社に就職して、2か月で辞めたのが、1999年です。就職氷河期で、第二新卒もうまくいかない、文学部で歴史を学んだということで、そもそも就職がうまくいかない。もともと歴史をやっていても、ビジネスの世界に興味があったんです。尾張など、養蚕やってるところで経済が発達したのはなぜか、とか。

K 私が会計士を目指したのは、女だから、です。11、10学年違いの姉が二人いるのですが、職がなくて苦労していました。あっても、時給が安いとか。姉達が悩んでいるのを、中学生のころに見て、「手に職をつけないと」と思って。医師、弁護士、教師など、いろいろ調べたんです。そうしたら、会計士一番リスク・リターンがいい。受かる確率、勉強に必要な時間も考えました。会計士の勉強は、だいたい1000時間必要で、弁護士の半分です。1年で受かる人がごろごろいる。それに、会計士になっても、会計監査だけやらなくていい。普通にビジネスやっている人がいる。つぶしがきく、と考えたわけです。たまたま姉のクラブの後輩に会計士がいて、インタビューしたら「会計士はいいよ」と、やっている本人が言っている。どう勉強したらいいかも聞いたら、半年簿記だけ勉強すればいい、と。その通りにしました。偶然を必然にしたわけですね。

続きを読む "勝間さん・山田さんの、トークショー前半よりさらにおもしろかった、  質疑応答"

| | コメント (0)

本日、生まれました

追記:勝間さんから、コメントをいただきました。ありがとうございます!

おととい3月5日、勝間和代さんと山田真哉さんのトークショーで産気づいて、予定日より早く、今日このブログが誕生しました。

トークショーが始まってすぐ、勝間さんが、「今日来られなかった方々のために、皆さんブログでシェアして下さい」と、宿題を出されました。けれど、「ふーん。でも、ブログ持ってないし、どうやって作るのかも全然わからないし・・・」と、正直思っていました。(ごめんなさい)

ところが、後半の質疑応答で、私の出した質問にお二人が答えて下さったのです。(ありがとうございました!)お二人の真摯なお答えにとても感動して、これはgive and shareするしかない!と、ブログを開設してみました。serendipity(偶然の中から必然を発見する能力)を、自分で生み出してみようと思ったのです。

手書きのメモ(解読不能なところも・・・)と記憶に頼って、できるだけ再現を試みてみました。ただ、残念ながら私の知識が足りないため、お二人のlogicに理解が追い付かない部分もありました。勝間さんの発言が山田さんの発言として書かれていたり、またその逆もあるかもしれません。勘違い、聞き間違い、抜け、などもあるかもしれませんが、ご了承下さい。

Enjoy your reading!                                                                           

続きを読む "本日、生まれました"

| | コメント (12)

トップページ | 2008年4月 »